医業経営情報

2017年3月号

<目次>

●巻頭インタビュー/30年改定でどう変わるか 注目される地域包括ケア病棟の今後
全日本病院協会 副会長 寿康会病院 理事長 猪口雄二
●経営情報システム/患者第一主義を貫き季節変動の少ない安定経営を実現
水本内科クリニック 院長 水本博章
●地区医師会が取り組む“医介連携”/既存の2つのICTシステムを併用し地域包括ケアシステムを実現する
栃木県医師会 常任理事 長島整形外科 院長 長島公之
●東西を融合した医療の強みとは/東西医学の強みで治療の幅広げ患者のQOL向上に寄与
漢方医療・頼クリニック 院長 頼 建守
●人事労務/新人スタッフ育成に欠かせない3つの要点①事前準備編
●経営/地域から支持・信頼される“地域対話型診療所”の5つの視点②
●連携事始め/院長先生のための地域連携体制づくりのポイント③ ~ケアマネとの連携編~

セミナーのご案内

運営組織のご紹介

TKC全国会医業・会計システム研究会 (略称:TKC医会研) は、TKC全国会の中でも特に医業・会計に精通した約1,800名の会員により構成されており、約23,000件の病院・診療所の健全経営をご支援させていただいております。