医業経営情報

2017年7月

<目次>

●巻頭インタビュー/「介護医療院」への転換には迅速な意思決定が求められる 日本慢性期医療協会 副会長 池端幸彦

●MX2活用事例/「円滑な診療」と「季節変動」を意識し目指すは“1日120人の定時診療” やまだ耳鼻咽喉科 院長 山田和臣

●訪問看護ステーションの経営戦略/訪看ステーションを多店舗運営 「ドミナント戦略」が人材面で有意に作用 株式会社メディプラス 代表取締役 瀨﨑哲也

●中核病院が取り組む地域連携/院内連携の見直しと地域の機能分化の進展が連携には不可欠 岡崎市民病院 地域医療連携室

●制度改正/医業継続に係る相続税・贈与税の納税猶予等の特例措置 “持分なし”への移行促進に向け認定医療法人制度が改正されます TKC医会研広報委員会 委員 丹羽 篤

●歯科医院経営/健全経営を実現するために着目すべき経営数値とその改善の進め方② 「総収入」を改善するための重要な視点を学ぶ 康本歯科クリニック 院長 康本征史

●TKCシステムの活用/TKCのFinTechサービスとTDSで医療機関の経理事務をもっと快適に!

セミナーのご案内

運営組織のご紹介

TKC全国会医業・会計システム研究会 (略称:TKC医会研) は、TKC全国会の中でも特に医業・会計に精通した約1,800名の会員により構成されており、約23,000件の病院・診療所の健全経営をご支援させていただいております。