TKC医業経営指標 M-BAST

TKC医業経営指標(M-BAST)(医業賃金統計編)平成23年版

TKC全国会医業・会計システム研究会のメンバー(税理士・公認会計士)は、『TKC医業経営指標(M-BAST)』を使って、病医院の経営改善を支援しています。

『TKC医業経営指標(M-BAST)(医業賃金統計編)』

TKC全国会では、このほど全国8,468件の無床診療所(一般診療所5,141、歯科診療所3,327)の賃金データを収集・分析し、『TKC医業経営指標(医業賃金統計編)平成23年版』をまとめました。

img_b0102.jpg  これは、無床診療所の賃金の実態を把握するともに、職種別、地域別の傾向値を明らかにし、経営助言の一助とすることを目的に、TKC会員が関与する診療所の平成22年度の決算書や源泉徴収簿のデータを収集・分析したものです。

 収録件数は平成23年3月末の全国一般診療所の5.8%、(内、医療法人8.4%)、歯科診療所の4.9%(内、医療法人6.0%)を 占め、診療科別の件数(個人、一人医師医療法人合計)は、内科2,638、外科263、整形外科477、産婦人科159、小児科393、精神科186、皮膚科269、泌尿器科82、眼科363、耳鼻咽喉科311、歯科3,327件となっています。

 この統計は、調査の客体を「理事長」「理事(配偶者)」「常勤理事(配偶者除く)」「非常勤理事(配偶者除く)」「監事」「個人事業者の配偶者」「従業員(家族除く)」「新規開業(平成 22年度開業)」に分類し、「都道府県別(または地域別)」「医業収入別」「診療科別」「年間支給額別」に集計しています。

 また「理事(配偶者)」及び「個人事業者の配偶者」については、「医療関係の保有資格別」に、「従業員(家族除く)」は「職種別」に集計し、「新規開業(平成22年度開業)」は、看護師、事務員等を常勤とパート(時給者)に分けて集計を行っています。

 TKC全国会では、この『TKC医業経営指標(医業賃金統計編)』を参考にして、医療機関の人件費の適正化等による経営改善を積極的に支援してまいります。
 なお、『TKC医業経営指標(医業賃金統計編)』は、指標作成にご協力をいただいたTKC会員のみに提供しています。

※守秘義務の擁護と留意点について(重要)

『TKC医業経営指標(医業賃金統計編)平成23年版』の編集に際し、アンケート調査票をTKC会員事務所に送付し、医療機関の承諾のもと、TKC会員事務所にて入力(記入)したものを回収し、集計しています。アンケート調査票には、医療機関名、所在地の記入欄はなく、個人または医療機関を特定できる情報は含まれていません。さらに分類集計したデータが2件以下の場合は、全体のデータには含めていますが個別の表示は省略しています。

以上

■『従業員(家族除く)給与年間総支給額 正看護師』 一部抜粋ご紹介

年代別平均額
 20歳代    318万円
 30歳代    368万円
 40歳代    393万円
 50歳代    421万円
 60歳代以上  423万円
正看護師(家族除く)の給与年間総支給額については『TKC医業経営指標(医業賃金統計編)』では、都道府県別のデータを作成しています。

 ※より詳しい指標については、TKC全国会医業・会計システム研究会会員にお尋ねください。

セミナーのご案内

運営組織のご紹介

TKC全国会医業・会計システム研究会 (略称:TKC医会研) は、TKC全国会の中でも特に医業・会計に精通した約1,800名の会員により構成されており、約23,000件の病院・診療所の健全経営をご支援させていただいております。