当セミナーはご好評のうちに終了いたしました。多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。

当セミナーの開催報告はこちらから

TKC法律事務所実務セミナー2016(弁護人のための指紋鑑定)

当セミナーのお申込受付は
終了しました

 TKCでは、若手弁護士の皆様を対象とし、法律事務所の実務トレンドをテーマにしたセミナーを定期的に開催しており、2016年の第4弾は「ケースから学ぶ弁護人のための指紋鑑定」をテーマに取り上げます。
 講師には、警察の現場で指紋鑑識に29年(約7000件)携わり、その後民間鑑定でも活躍されている鑑識鑑定士の齋藤保先生をお迎えいたします。齋藤先生は、名古屋窃盗否認事件、布川事件など21件のえん罪事件鑑定で真相に迫った経験をお持ちで、現在も再審請求事件などの指紋鑑定で活躍されています。
 齋藤先生の現場第一線での指紋採取活動から指紋異同識別鑑定まで一貫して従事した経験に基づき、裁判の裏側で指紋鑑定はどのように活用されたのか、どこに争点が生じるのかなど示唆に富んだ内容を実際のケース(事件)から指紋鑑定の実際と問題点に迫ります。弁護人として知っているかいないかは大きな違いがあります。
 是非、当セミナーへご参加いただき、弁護士業務の実務にお役立ていただければ幸いです。

主催:株式会社TKC 共催:株式会社現代人文社

受講対象

司法修習61~68期の弁護士または69期司法修習生の方

セミナー内容

セミナー内容

講師

齋藤 保先生

鑑識鑑定士 齋藤 保(さいとう・たもつ) 先生
(株式会社齋藤鑑識証明研究所/鑑識鑑定士)

栃木県警察で29年指紋鑑識に携わり、約7,000件を鑑定する。
現在は、民間の鑑識研究所を創設し、名古屋窃盗否認事件、布川事件など21件のえん罪事件鑑定をはじめ、再審請求事件などの指紋鑑定で活躍。
「季刊刑事弁護」に「連載刑事弁護に役立つ犯罪鑑識」として指紋鑑定事例を7回に渡って報告(33~38号、43号)、弁護士会等での講演多数。

開催日程・会場

開催都市 日程 時間 定員 会場
東京 5月19日(木) 18:30~20:30
受付開始:18:00
100名
受付終了
TKC東京本社 2階研修室
東京都新宿区揚場町2‐1 軽子坂MNビル2F
6月8日(水) 18:30~20:30
受付開始:18:00
100名
受付終了

※ 定員となり次第、締切となります。

受講料

無料

お申込み

当セミナーのお申込受付は終了しました。

お問合せ先

株式会社TKC リーガルデータベース営業本部
〒162-0824 東京都新宿区揚場町2番1号 軽子坂MNビル2F
0120-114-094(土・日・祝日を除く9:00〜17:00)
Email:lexcenter@tkc.co.jp