当セミナーはご好評のうちに終了いたしました。多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。

当セミナーの開催報告はこちらから

TKC法律事務所実務セミナー2016(税務判例)

当セミナーのお申込受付は
終了しました

 TKCでは、若手弁護士の皆様を対象とし、法律事務所の実務トレンドをテーマにしたセミナーを定期的に開催しており、2016年の第7弾は「ケースに学ぶ税務判例の実務への活かし方」をテーマに取り上げます。
 平成23年の国税通則法改正により税務調査手続きが法定化されるなど、近年手続法の改正が活発に行われ、このことは実体法の課税要件充足について法律の目が光るようになってきたことを意味しています。そのため、「税務訴訟判決」を学ぶ意義がさらに高まっているといえます。
 そこで今回は、弁護士として税務訴訟に携わってこられて、現在では税法研究者としてご活躍されている木山泰嗣教授(青山学院大学法学部)を講師にお迎えいたします。税務訴訟の重要事例をケースとして木山先生のご経験を踏まえ、税務問題にどのように弁護士が取り組むべきかに迫ります。
 是非、当セミナーへご参加いただき、弁護士業務の実務にお役立ていただければ幸いです。

主催:株式会社TKC 共催:株式会社ぎょうせい

受講対象

61期以降の弁護士、司法修習生の方

セミナー内容

セミナー内容

講師

木山泰嗣先生

木山 泰嗣(きやま・ひろつぐ) 先生

青山学院大学法学部教授(税法)
鳥飼総合法律事務所客員弁護士(第二東京弁護士会、56期)
上智大学法学部卒業後、鳥飼総合法律事務所に入所し、税務訴訟、税務に関する法律問題を手がけた。
主な担当事件に、ストックオプション税務訴訟(最高裁第三小法廷・平成18年10月24日判決等で一部逆転勝訴)がある。
「租税訴訟の法律実務」で第34回日税研究賞奨励賞受賞、その他著書多数。

開催日程・会場

開催都市 日程 時間 定員 会場
東京 11月15日(火) 18:30~20:30
受付開始:18:00
80名
受付終了
TKC東京本社 4階 TKC全国会飯田橋スタジオ
東京都新宿区揚場町2‐1 軽子坂MNビル4F

※ 定員となり次第、締切となります。

受講料

無料

お申込み

当セミナーのお申込受付は終了しました。

お問合せ先

株式会社TKC リーガルデータベース営業本部
〒162-0824 東京都新宿区揚場町2番1号 軽子坂MNビル2F
0120-114-094(土・日・祝日を除く9:00〜17:00)
Email:lexcenter@tkc.co.jp