マイナンバーQ&A

番号の通知時期は?

マイナンバー制度導入までのスケジュールを教えてください。
また、マイナンバー(個人番号)はどのように私たちに知らされるのでしょうか。

まず各個人に、平成27年10月から12月の間で、マイナンバーと基本4情報(氏名、住所、性別、生年月日)が記載された「通知カード」が郵送されます。平成28年1月以降については、申請すれば、個人情報と基本4情報がICチップに記録された顔写真付きの「個人番号カード」が交付されます(希望者のみ)。

スケジュールと告知方法

マイナンバー制度の導入前後のスケジュールと告知方法は下記のとおりです。

(1)マイナンバー制度の導入前後のスケジュール

※マイ・ポータル(情報提供等記録開示システム)には、次の機能が予定されています。

  • 1.自分の特定個人情報を、いつ、だれが、なぜ情報提供したのかを確認する機能。
  • 2.行政機関などが持っている自分の特定個人情報について確認する機能。
  • 3.一人ひとりに合った行政機関からのお知らせを表示する機能。
(2)通知カードと個人番号カードの違い

具体的な通知カードと個人番号カードの違いは下表のとおりです。

  通知カード 個人番号カード
様式 ・マイナンバーと基本4情報を券面に記載。
・顔写真なし。
・基本4情報と顔写真を表面に記載。
・マイナンバーは裏面に記載。
・マイナンバーと基本4情報をICチップに記録する。
作成・交付
  • ・付番対象者に、平成27年10月から12月の間に郵送で交付。
  • ・手数料なし
  • ・平成28年1月以降、希望者に交付。
  • ・市町村が作成し、窓口で本人確認を行った上で交付する。
  • ・手数料は無料の方向で検討。
有効期限等
  • ・個人番号カードを受けるまでの間。
  • ・個人番号カードを受けるときに返納する。
  • ・引越等により記載内容に変更があった場合は、市町村に転入届を出すときに同時に提出して、記載内容を変更してもらう。
  • ・発行時の年齢が20歳以上の場合は10年間、20歳未満の場合は5年間。
  • ・引越等による記載内容の変更は同左。
用途・利便性
  • ・個人番号カードの交付を受けるまでの間、行政機関等の窓口等で個人番号の提供を求められた際に、他の本人確認書類とともに利用可能。
  • ・身分証明書としての利用。
  • ・個人番号を確認する場面での利用(就職、転職、出産育児、病気、年金受給、災害等)。
  • ・市町村、行政機関などによる付加サービスの利用。
  • ・電子証明による民間部門を含めた電子申請・取引などにおける利用。
本人確認の方法
(対面)
通知カードに加えて下記のいずれかを確認する。
  • 1. 運転免許証、パスポート、在留カードなど。
  • 2. 官公署から発行された書類等で、写真の表示があり、氏名と生年月日または住所が記載されているもの。
個人番号カードのみ。

※ 個人番号カードは従来の住民基本台帳カードの後継カードとしての位置づけもあり、個人番号カードが発行された場合は、従前発行されていたその人の住基カードは無効になります。

TKC

Copyright © 2001-2017 TKC Corporation All Rights Reserved.