TKCグループ

社会・環境への貢献

環境への取り組み

環境基本方針

社会貢献

学術・教育に関する取り組み

■公益財団法人 飯塚毅育英会

 飯塚毅育英会は、学業に優れ、かつ健全な心身と高い志を持ちながらも経済的支援を必要とする栃木県内の高等学校、または特別支援学校高等部卒業の大学生および大学院生、県内の大学に学ぶ外国人留学生に対して資金援助を行っています。将来社会に貢献し得る有為な人材を育成することを目的として1995年12月に設立し、2009年6月には公益財団法人への移行が認定されました。

 奨学生の総数は1,713名となり、2016年度末の累計給付額は19億5,336万円となりました。

http://www.iizuka-takeshi-ikuei.or.jp/

■公益財団法人 租税資料館

 租税資料館は、わが国の税務の向上、発展に寄与することを目的に設立されました。現在、以下の活動を行っています。

  1. 租税に関する資料等を収集・管理し、それらを広く一般に公開することにより、納税思想の普及および租税に関する調査研究の発展に資する。
  2. 租税理論、租税制度、会計理論、会計実務および税務の執行に関する調査、研究および研究助成を行うことにより、それらの進歩、促進を図る。

http://www.sozeishiryokan.or.jp/

地域貢献への取り組み

 TKCは、創業の地である栃木県の文化振興のため、下記の団体をご支援しています。

■H.C.栃木日光アイスバックス

http://www.icebucks.jp/

■栃木サッカークラブ

http://www.tochigisc.jp/

■栃木県文化協会

http://www.tochibunkyo.jp/

AEDの設置

AED株式会社TKCでは、全事業所にAEDを設置しています。
AED:Automated External Defibrillator「自動体外式除細動器」とは、心室細動の発症や心肺停止時に電気ショックを与え、心臓の働きの正常化を試みる機器です。