TKC全国会のご紹介

金融機関との連携

TKC全国会は、租税正義の実現と関与先企業の永続的繁栄を目的として昭和46年に結成された、全国1万名超の税理士集団です。全国に20の地域会があり、相互に連携しています。
TKC全国会の会員は、「経営改善計画」の策定及びモニタリングに関する各種支援など、"ビジネスドクター"として中小企業の支援へ積極的に取り組んでいます。
現在、全国130以上の金融機関と「TKC経営改善計画策定支援サービス」に関する協業の覚書を締結し、サービスを提供しています。

  • 決算書の信頼性を証明する「記帳適時性証明書」
  • TKC経営指標「BAST」

TKC経営改善計画策定支援サービス

  • 「金融機関(役職員)向け研修」の講師派遣サービス
  • 「中小企業経営者向けセミナー」の講師派遣サービス
  • 「企業向け個別相談会(無料)」の相談員派遣サービス
  • 中小企業向け「経営改善計画策定支援サービス」

金融機関との交流会

TKC全国会では、金融機関と相互に協調して中小企業の永続的発展に貢献するため、金融機関との交流会を開催しています。

開催日数 参加金融機関
役職員数
参加TKC会員数
平成23年 71回 1,334名 1,215名
平成22年 140回 2,227名 2,040名
累計(平成11年~23年) 2,798回 45,527名 40,830名

「金融機関との交流会」の詳細はこちらをご覧ください。