TKCタックスフォーラム2018

主催:TKC税務研究所、共催:公益財団法人租税資料館、後援:TKC全国会

講演(11時10分~12時40分)

テーマ
最高裁判決から見た租税法の解釈適用

佐藤 英明 氏

講 師慶應義塾大学大学院
法務研究科教授
佐藤 英明

聞きどころ
租税法は侵害規範であるから、納税者の予測可能性を重視し、その解釈は原則として文言解釈によるべきである、といわれることがあります。今回のお話では、この点について現在の最高裁の立場をどう理解すればよいかを、「判例の変遷」にも留意しつつ、具体的な判決を通して検討します。

講演(13時30分~15時)

テーマ
飯塚毅博士の「正規の簿記の諸原則」論
─その歴史的位置づけと現代への提言─

坂本 孝司 氏

講 師TKC全国会会長
坂本 孝司

聞きどころ
ドイツの会計制度は「正規の簿記の諸原則(GoB)」の体系です。このGoB概念について飯塚毅博士は「三重構造説」を構築されました。とりわけ「租税法における帳簿の証拠力」に関する法律構造は格別に貴重な発見でした。今回はこの「三重構造説」についてその歴史的な位置づけと現代への提言を解説いたします。

講演(15時20分~16時20分)

テーマ
飯塚毅博士の職業的使命感はどこから生まれたのか?

飯塚 真玄 氏

講 師TKC全国会最高顧問
飯塚 真玄

聞きどころ
私の父飯塚毅博士は、その生涯を職業会計人として、就中、租税正義の実現に最高の価値を置く税理士として最後まで生き抜きました。その職業上の烈々たる使命感と熱い情熱がどこから生まれてきたのか。戦後から今日までの時代を背景に探ってみたいと思います。

研究発表(9時30分~11時00分)

テーマ
税理士の職務とリーガルマインド
─要件事実論の実務への展開─

研究グループ/TKC関東信越会

山﨑 好一 会員・相原 信夫 会員・小林 拓人 会員・島村 仁 会員・山下 真茂留 会員・柴 ユカ 会員
荻 美紀 会員・高橋 美由紀 会員・野口 貴俊 会員・渡邉 信子 会員・石田 直樹 会員

聞きどころ
税理士の職務にリーガルマインドは不可欠です。そのリーガルマインドは、要件事実論の考え方を学ぶことにより飛躍的に身につきます。要件事実論は裁判官の法的判断の構造を解明する理論だからです。
我々税理士の日常業務、とりわけ税務調査対応や書面添付に要件事実論がいかに活かされるのかを徹底的に検証します。

開催日時及び開催会場

平成30年10月19日(金) 9時20分~16時30分

リーガロイヤルホテル東京
東京都新宿区戸塚町1-104-19
TEL:03-5285-1121 (代) FAX:03-5285-4321

TKCタックスフォーラム2018 地図

交通機関

地下鉄   東西線   「早稲田駅」3a出口   7分
    有楽町線   「江戸川橋駅」1b出口  10分
都 電   荒川線   「早稲田駅」   3分

参加費

 無料

申込方法

※TKC会員の場合は、所属するTKC地域会事務局に直接お申込みください。

■Webからのお申込み

TKC会員に限定されず、どなたでも参加できます お申込みはこちら

お問い合わせ先

TKC税務研究所
〒164-0014 東京都中野区南台3-45-13 租税資料館ビル4F
TEL:03-5340-6011 FAX:03-5385-7606