TKC全国会 中堅・大企業支援研究会(中大研)

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会とは

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会(中大研)

TKC全国会
中堅・大企業支援研究会
代表幹事 妙中茂樹

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会は2010年10月にTKC全国会の研究会として活動をスタートしました。

以来、「巡回監査」を軸とする業務で培った助言・指導のノウハウをもとにTKCシステムに精通した会計・税務の専門家として、中堅・大企業に関する制度、会計及び税務等の調査・研究を行っています。

中堅・大企業においては、相次ぐ税務・会計の制度改正への対応が求められるなか、子会社も含めた業績管理体制の強化が求められるなど、企業グループ全体で、「税務」と「会計」のコンプライアンスが求められています。

また大法人に対する法人税・消費税等の電子申告義務化など、今から準備すべき事項も山積している状況だと推察いたします。

わたしたち研究会会員全国約1,300事務所の”力”を結集して「中堅・大企業の適法・適正な会計処理と税務申告」をご支援してまいりますので、是非、お気軽にご相談ください。

 
研究会創設の目的

中堅・大企業(特に上場会社及びその子会社・関係会社)に関する制度、会計及び税務等の調査・研究を行い、中堅・大企業の適法・適正な会計処理と税務申告を積極的に支援することを目的とする。

研究会の活動
  1. 各種研修会の企画・開催
  2. システム導入支援ツール類の開発・提供
  3. 中堅・大企業向けセミナーの開催
  4. 中堅・大企業向けホームページの運営
  5. 関係省庁及び業界団体との関係強化
研究会テーマ
  1. 上場企業会計
  2. 税効果会計
  3. 連結会計
  4. 連結納税
  5. 国際税務
  6. 組織再編

① 毎期適切なテーマを検討し、制度及び実務を研究
② TKCシステムの徹底活用と事例研究

研究会の強み

中堅・大企業の実務に精通し、かつ高い業務品質を誇る税理士・公認会計士が、全国規模のネットワークを通じて企業グループを支援できることです。

 
研究会会員の状況

中堅・大企業の実務に精通し、かつ高い業務品質を誇る税理士・公認会計士が、全国規模のネットワークを通じて企業グループを支援できることです。

(単位:事務所)
TKC北海道会 25 TKC東京都心会 73 TKC千葉会 38 TKC北陸会 38 TKC近畿兵庫会 45
TKC東北会 45 TKC東京中央会 118 TKC神奈川会 71 TKC近畿大阪会 75 TKC中国会 63
TKC関東信越会 137 TKC城北東京会 45 TKC静岡会 46 TKC南近畿会 68 TKC四国会 26
TKC東・東京会 56 TKC西東京山梨会 53 TKC中部会 125 TKC近畿京滋会 38 TKC九州会 99

平成30年2月26日現在 計1,284事務所