TKC会計・税務セミナー

収益認識に関する会計基準への対応に向けた実務上の留意点

開催日
福岡 2018年7月13日(金)
参加費
無料

当セミナーのお申込み受付は終了しました。

日本の会計基準として、収益認識に関する初めての包括的な基準となる「収益認識に関する会計基準」が公表されました。一般社団法人日本CFO協会の中田清穂氏を講師に迎え、制度を解説します。また、特別講演として、AI・RPAが経理・財務部門の業務へ与える影響予測も独自の視点で講演いただきます。この機会にぜひご参加ください。

主催:株式会社TKC

セミナープログラム

第1部

今後の会計基準の改正に影響を及ぼす収益認識基準

講師:一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員 公認会計士 中田 清穂氏
(TKC全国会 連結会計システム小委員会委員)

出荷基準ではなく検収基準が基本となったことや、売上を計上するまでに「5つのステップ」が必要になるなど、従来の日本の会計制度とは全く異なる、日本の新しい会計基準「収益認識基準」の概要を解説します。
そして、ナゼこのような会計基準が日本で作られたのか、何をさせようとしているのか、「5つのステップ」は何を意味するのか、その本質が理解できるようにするための解説をします。

第2部

TKCグループソリューションのご紹介

講師:株式会社TKC 企業情報第二営業部

特別講演

AI・RPAに負けない経理人になるために

講師:一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員 公認会計士 中田 清穂氏
(TKC全国会 連結会計システム小委員会委員)

「AI・RPAに代替されてしまう業務」の筆頭格である財務経理業務。しかし、すべての業務がAI・RPAで対応できるわけではありません。AI・RPAの限界は何か、その限界を見極めて、「人間」である経理マンはどうすれば生き残れるのか。デジタルトランスフォーメーションの渦の中で、経理が生まれ変わるための視座を解説します。

開催日程

当社と同業の企業様およびそのグループ関連会社からのお申込みは、お断りする場合がございます。
各会場ともに、定員になり次第締め切りとさせていただきます。
1会場2名様までのお申込みとさせていただきます。2名を超えるお申込みについてはお断りさせていただく場合がございます。
お申し込み受付後、受講票兼座席表を各会場とも開催日の3日前までに電子メールにて送付いたします。セミナー当日はお名刺と受講票兼座席表を受付までお持ちください。
開催都市 開催日 時間 お申込 定員 会場
福岡 2018年7月13日(金) 14:00~16:30
(受付開始13:30)
受付終了 30 天神クリスタルビル Cホール
福岡県福岡市中央区天神4丁目6-7

参加費用

参加費無料

お問い合わせ先

株式会社TKC セミナー事務局 担当:矢野、荒川
〒162-8585 東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル4F
0120-347-249 FAX番号:028-649-1010
Email:TKCSeminar@tkc.co.jp

電話でのお申し込みは受け付けておりません。当ページにてお申し込みください。
電話でのお問い合わせ時間:土・日・祝日を除く(9時~12時/13時~17時)
記入いただいたお客様の個人情報は、本体験会に関するご連絡および資料等のお届けのために利用いたします。また、今後開催するセミナーのご案内、TKCエクスプレス(官庁等から発信される会計・税制の改正情報を迅速にお知らせする無料のメールマガジン)をお送りします。
なお、具体的なご要望をいただいた場合には、その内容により提携または協定企業等に連絡することがあります。当社の個人情報保護方針は、 こちら をご覧ください。