掲載日:2014.01.17

日本経済団体連合会

日本経済団体連合会「IFRS任意適用に関する実務対応参考事例」(改訂)等を公表

 平成26年1月15日(水)、日本経済団体連合会ホームページで「IFRS任意適用に関する実務対応参考事例」(改訂)等が公表されました。

  1. IFRS任意適用に関する実務対応参考事例(改訂)
    http://www.keidanren.or.jp/policy/ifrs_jirei.html
     公表された「IFRS任意適用に関する実務対応参考事例(2014年1月15日版)」は、145ページの冊子で、今回の改訂により「有給休暇引当金」の章が追加されました。
     「IFRS任意適用に関する実務対応参考事例(2014年1月15日版)」の内容(目次)は、以下のとおりです。
    http://www.keidanren.or.jp/policy/2013/097.pdf
    1. IFRS適用の意義と課題
    2. 有形固定資産の減価償却方法及び耐用年数
    3. 開発費の資産計上
    4. 連結の範囲・決算報告期間の統一
    5. 非上場株式の公正価値評価
    6. 資産の減損
    7. 有給休暇引当金
  2. IASB討議資料「財務報告に関する概念フレームワークの見直し」に関する意見
    http://www.keidanren.or.jp/policy/2014/003.pdf

以上

TKCエクスプレスの最新トピック