日経産業新聞記事「事業承継の現場から」

TKC全国会 押田吉真会員による寄稿記事
経営者の方へ

TKC全国会 特例事業承継税制対応プロジェクト プロジェクトリーダー 押田吉真会員(税理士)が、2017年12月から1年にわたって、日経産業新聞の「事業承継の現場から」に寄稿されました。
実務に携わる税理士の立場から、事業承継の制度や事例、成功する事業承継のポイント、ステップが解説されています。当ページにその寄稿記事(全10回)を掲載していますので、是非ご覧ください。

第1回 来年度の税制見直し「利用促進へ適用要件緩和」(2017年12月12日掲載)

第2回 特例事業承継税制の創設「事業発展の機会に」(2018年2月6日掲載)

第3回 成功導く3つのポイント「後継者に併走、力育む」(2018年3月20日掲載)

第4回 特例承継計画書への準備「まずは自社株評価を」(2018年5月8日掲載)

第5回 自社株評価の重要性「経営革新伴う対策を」(2018年6月19日掲載)

第6回 成功へ5つのステップ「専門家から助言・指導を」(2018年7月31日掲載)

第7回 必要資金の調達「経営者保証見直しの機運」(2018年9月18日掲載)

第8回 先代が急逝した場合「支援機関の役割重要に」(2018年10月30日掲載)

第9回 民法特例規定の活用「遺留分のトラブル回避」(2018年12月18日掲載)

第10回 「方針書」の策定「支援機関の助言カギ」(2019年2月19日掲載)

税理士法人押田会計事務所 代表社員 税理士
押田吉真会員

税理士法人押田会計事務所

記事一覧へ