1997年7月号Vol.4

【TKC INFOMATION】『TKCパソコン基礎研修』のご案内

 このたび、TKCでは『TKCパソコン基礎研修』と銘打ち、地方公共団体の職員の方々を対象としたパソコン研修を企画いたしました。

 現在、地方公共団体におけるコンピュータの利用形態は、C/Sシステムが主流になりつつあります。理想としては、全職員がクライアントであるパソコンを活用できることが望ましいのですが、現実的にはなかなか難しいようです。機械アレルギーを標榜する職員に、いかにしてパソコンに慣れてもらうか。パソコンの教育研修は地方公共団体にとって重要なテーマといえます。

 さて、TKCでは、これまでもシステム導入時期に併せてパソコン研修を実施しており、平成8年度は969名の方々にご参加いただきました。今回のパソコン研修は、これをさらに発展させ、地方公共団体のOA化推進を強力にご支援するため企画したものです。

 研修コースは、初心者向けの『パソコン入門』のほかに、ワープロソフト『一太郎』や表計算ソフト『EXCEL』の各コースをご用意しました。初心者にありがちなコンピュータ・アレルギーを解消し、パソコンに慣れ親しんでいただくことがOA化推進の鍵と考えており、どなたでも気軽に参加いただけるよう研修内容も工夫を凝らしています。ぜひ、この機会をご活用いただけますようお願い申し上げます。

 研修会の概要は別掲の通りです。詳しくはTKC営業担当者までお問い合わせ下さい。(小林康男)

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介