1997年7月号Vol.4

【協議会活動のご案内】茨城市町村情報処理連絡協議会

事務局
茨城県笠間市石井717 笠間市役所税務課
電話
0296-72-1111

「茨城市町村情報処理連絡協議会」は、平成6年3月22日、7市町村が集まって発足しました。

 協議会の目的は、「コンピュータを利用した行政事務処理業務の調査研究、連絡調整、事務改善並びに住民サービスの向上に関する情報交換を行い、税務行政の円滑な運営を図るとともに、職員の資質向上に資する」としています。

 協議会は、この目的に賛同した茨城県内の市町村で構成され、税務主管課長を幹事とし関係職員をもって運営されています。参加市町村は、那珂町、十王町、大洗町、内原町、千代川村、協和町、潮来町、美和村、五霞町、笠間市の10市町村です。

 協議会では、目的達成のため次の事業を行っています。

 1.行政情報処理システムの調査研究及び連絡調整に関すること
 2.収納率向上及び事務改善の情報交換に関すること
 3.職員の研究及び提案事項に関すること
 4.その他、本会の目的達成に必要と認められること

 平成8年度に実施した事業は、総会、幹事会(4回)をはじめ、住民税関係(3回)、軽自動車税関係(1回)、固定資産税関係(4回)、国民健康保険税関係(2回)、収税消込関係(1回)の研究会・研修会等を開催し、いずれも20~30名の参加者が集まり熱心な研究協議が行われました。また、10月にTKC栃木本社で行ったOA事務研修会には35名が参加し、クライアント/サーバシステム、TASK税務マスター等の説明を受けた後、電算処理状況等を見学し研修を行いました。

 平成9年度は、自治省OBであるTKC地方行政研究センターの研究員の方を講師に招き研修会を行うほか、先進地視察研修や各市町村の連携をさらに深めるための事業も計画しております。

 茨城市町村情報処理連絡協議会では、今後、ますます複雑多様化する行政事務の円滑な推進と住民サービスの向上を図るため、各種研究会・研修会等を開催し、積極的に取り組んでいく予定です。

(笠間市役所税務課長・仲田 正)

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介