1998年1月号Vol.6

【わがまち・わがむら・わが自慢】みぶまちのおもちゃ博物館

栃木県壬生町 柴 七郎

 壬生町は『おもちゃの工場』と『おもちゃのまち駅』があり、おもちゃに縁の深い町です。

 町では、「地域の人々や町を訪れる人々に“おもちゃの世界”を楽しんでいただこう」という発想から、全国でも珍しい『おもちゃ博物館』を平成7年4月にオープンしました。これまでに45万人の方がここを訪れ、楽しいひと時を過ごされています。

 さて、おもちゃ博物館の正面に立つと、茶色とグレーを基調としたヨーロッパの古い城を思わせる地上27メートルの円形の建物が目の前に拡がります。

 館内に一歩足を踏み入れると、そこはまさしく“おもちゃの国”。1階は「おもちゃワンダーランド」となっており、コンピュータゲームや映像と車体の動きでジェットコースターに乗ったようなスリルが味わえるミーブがあります。

 また、2階に上がると「おもちゃと遊びのミュージアム」。ここには、3万点のおもちゃが展示され、1960年代のブリキのおもちゃ、アニメのヒーローなど一世を風靡した玩具が勢揃いし、おもちゃの移り変わりがひと目で分かります。

 そして、3階のパノラマ展望室からは、北に男体山をはじめ日光連山、南東には筑波山などが望め、自然豊かな景観を楽しむことができます。

●利用案内
・住所 栃木県下都賀郡壬生町大字国谷2300番地
・開館時間 9:00~16:30
・休館日 毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日)
・電話 0282-86-7111

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介