1998年10月号Vol.9

【わがまち・わがむら・わが自慢】有明海を遊び、味わう町

熊本県岱明町・藤森竜也

 岱明町は熊本県の北西部に位置し、総面積22.81平方キロメートル、人口は約1万5000人の町です。北は小岱山県立自然公園など深い緑と、南は有明海の潮の香りに包まれ、国道501号線沿いにはのどかな水田地帯が広がり「田園文化の町」と呼ばれています。

 さて、今回、わがまち・わがむら・わが自慢としてご紹介するのは、熊本県北唯一の海水浴場「松原海水浴場」です。この海水浴場は昭和63年度から県の海岸環境整備事業で整備し、「白砂青松」の美しい海岸に生まれ変わって平成7年7月にオープンしました。

 また、同敷地内には天然の海水を利用した公衆浴場「コミュニティセンター(潮湯)」と、町の特産品を販売する物産館「磯の里」が隣接しています。

 潮湯の湯船からは対岸の雲仙・平成新山や有明海に沈む夕日が眺められ、磯の里の食堂ではとれたての海の幸が楽しめます。地元有明海の景色と味覚を堪能してもらおうと、この松原海岸一帯を町の目玉としてPRしているところです。

 なお、平成7年度からは、真夏のイベントとして「朝日カップビーチバレー中九州大会」をこの海水浴場で毎年開催しており、県内はもとより大分県側からも多くの参加者で賑わっています。

 今後は、松原海岸の地の利を生かし、有明海沿岸の広域的な観光ルートの拠点として、さらに施設の整備・充実を図ろうと思っています。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介