1999年7月号Vol.13

【わがまち・わがむら・わが自慢】高原の城下町信州小諸へおいでなんしょ

長野県小諸市・村上栄紀

 首都圏から電車で90分、車で100分の信州小諸に着くと、高原のさわやかな風と豊かな自然・詩情があなたを迎えます。

 午前中は有名な小諸城址懐古園をご見学ください。ここは城下町よりも低い位置にある「穴城」として全国でも珍しく、天然の要塞である深い空堀や苔むした野面積みの石垣が昔を偲ばせています。園内には国重文「三の門」、島崎藤村の小諸時代を中心とした作品や資料・遺品を展示した「藤村記念館」、小諸出身で文化勲章受章者の小山敬三画伯の絵画を展示した「小山敬三美術館」、懐古館、郷土博物館などがあります。

 昼食は信州そばをご賞味ください。小諸高原の霧下で育ったそばはきっとご満足いただけます。さて、お腹が満たされたら午後は市内散策を。小諸駅周辺では映画「男はつらいよ」の資料や渥美清さん収蔵品を展示する「こもろ寅さん会館」、国重文「大手門」、島崎藤村が教鞭をとった「小諸義塾記念館」、養蚕の歴史を展示した「くらしかる浪漫館」などがご覧いただけます。本陣主屋で一休みした後は一時間コースで市内の古刹・名刹を訪ねましょう。そして、お泊まりは成分も違う七つの温泉が湧き出る宿がお勧めです。

 2日目は、スポーツなら高峰高原で冬はスノーボードやスキー、春からはハイキング、小諸高原でゴルフ、千曲川でフィッシングなどお好み次第。季節ごとのイベントも数多く、ホームページ(http://www.kanko.komoro.org/)をご覧いただき、またのお越しをお待ちしています。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介