2012年1月号Vol.85

【TKC サポートインフォメーション1】 介護保険制度の24年度改正へ
システムがより使いやすく進化

 平成23年6月に改正介護保険法が成立し、3年に一度の制度改正の大枠が確定しました。介護報酬の改定など詳細はこれから明らかになります。TKCでは、平成24年度から適用となる報酬の改定情報をいち早く入手して「TASK.NET介護保険システム」の改修・機能強化を図り、市町村の円滑な制度対応をご支援します。制度改正のポイントは以下の通りです。

1.総合事業の創設

 要支援者や二次予防対象者への介護予防を、総合的かつ一体的に実施するため「介護予防・日常生活支援総合事業」(総合事業)が新設されます。

2.地域密着型サービスの追加

 「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」および「複合型サービス」が追加されます。

3.地域密着型介護(予防)サービス費の独自報酬範囲の拡大

4.介護報酬改定

5.介護保険料負担段階「第三段階」の細分化

 保険料負担段階第三段階の所得区分を、市町村の判断で細分化できるようになります。

システムの改修ポイント

介護予防・日常生活総合事業のイメージ図

 当社では、市町村が制度改正に伴う業務の増加・変更へ円滑に対応できるよう、以下のシステム改修と機能強化へ取り組み2月より提供を開始します。

1.総合事業創設への対応

 基準日や年齢指定等により対象者を容易に把握できる機能や、総合事業のサービスを利用する被保険者の管理機能、対象者の決定に際し付随する業務支援機能などを搭載します。

2.国保連合会との連携

 総合事業の創設や介護報酬改定等に伴う国保連合会のインターフェイス変更に対応したシステム改修を行います。また、国保連合会から受領した総合事業の給付実績を取り込み、総合事業サービス利用者の情報を照会できる機能などを搭載します。

3.第三段階の細分化への対応

 新第三段階を考慮した仮徴収マスターの作成機能や保険料算定機能などを搭載します。

 より使いやすくなるTASK.NET介護保険システムに、ご期待ください。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介