2012年7月号Vol.87

【巻末情報2】 電力不足でも「重要な業務を途絶させない」
コンピュータセンターに移動電源車を配備

移動電源車イメージ図

 TKCでは、今夏の電力需給対策に向けて全国3か所のコンピュータセンターに移動電源車をレンタル配備(7月17日~9月29日の約3か月間)するとともに、これによる給電環境を整備します。

 当社ではこれまでにも、クラウドサービスの拠点であるデータセンターへの自家発電機の設置、東日本大震災以後に発生した計画停電等に際し、栃木本社に自家発電機の増設等を行ってまいりました。これはお客さまに安心して当社の情報サービスをご利用いただくための対策で、情報処理サービス会社において移動電源車を配備するまでの例はほかに類がありません。

 これにより、電力制限や計画停電、災害停電で想定されるリスクを回避し、帳票等の印刷処理の停止や遅延を防止することが可能となり、お客さまの業務継続に貢献してまいります。

 なお、来年に向けた継続的な支援体制として今年末をめどに移動電源車2台を自社で保有し、東日本と西日本の2か所に配備する予定です。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介