2013年4月号Vol.90

【TKC サポートインフォメーション2】 職員側機能の強化で
施設案内・予約業務の効率化を実現

TASKクラウド公共施設案内予約システムイメージ図

 TKCでは、多様化する施設予約のニーズに対応するため、平成25年3月に「TASKクラウド公共施設案内・予約システム」の職員側の機能を強化しました。ポイントは以下の通りです。

予約台帳の機能強化

1.曜日の絞り込み機能

 施設の空き状況を検索する際に、職員側機能でも曜日を指定することができるようになりました。これにより窓口対応時でも「毎週水曜日」といった住民からの問い合わせへ迅速に対応することができます。

2.カレンダーによる入力補助

 予約台帳照会時にカレンダーから、直接利用日を指定できるようになりました。これにより、検索画面に戻らずに指定する利用日を照会できるようになります。

3.予約概要の表示機能

 予約台帳照会時に、検索結果一覧で表示される予約の表示項目について、施設ごとに利用者名/団体名、行事名称以外にも指定できるようになりました。

 また、カーソルを合わせることで予約内容の詳細をサブウインドウで表示する機能も追加しました(右図参照)。この表示項目は施設ごとに最大10項目まで設定することができるため、一画面で効率的な照会業務が可能となります。

統計機能の強化

 各施設の運用状況を確認するために利用いただいている「エクセルデータ切出し」機能についても強化しました。具体的には、CSVファイルを出力する際に自由に出力項目を設計できるようにするとともに、その内容を登録できるようにしました。これにより、次に統計表を作成する際には、登録済みの出力項目を利用することができ、より効率的な統計業務を行えるようになります。

 今後もTASKクラウド公共施設案内・予約システムにご期待ください。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介