2014年10月号Vol.96

【TKC サポートインフォメーション1】 より安全・安心・便利に! 新世代TASKクラウド

 TKCは、平成27年3月より「新世代TASKクラウド(番号制度対応版)」の提供を開始します。

 このシステムではマイナンバー制度へ対応するとともに、大幅な機能強化を図りました。以下に、主な機能強化のポイントをご紹介いたします。

画面設計イメージ図)

1.ベテラン職員の知恵やノウハウを反映

 システム開発にあたり150名を超える原課ベテラン職員の皆さまのご意見を伺い、その知恵やノウハウを処理フローおよび画面配置等へ反映しました。

①ナビゲーション機能

 複数の工程が必要な年次処理(当初課税等)や月次処理(統計等)の順番を画面上に表示し、処理完了までガイドする機能です。原課職員のノウハウを集約したことで、最適な業務プロセスの実現に加えて、処理漏れや誤りを防止します。

②画面設計の見直し

 住民からの問い合せや相談へ迅速に対応できるよう、画面設計から見直し、より実務に即した展開を実現しました。これにより住民の待ち時間短縮を支援します。

2.誰でも迷わず正しい処理が可能に

 マニュアルに頼らず、直感的に操作できるよう補助機能を充実しました。これにより新任や臨時職員、外部委託者など業務に不慣れな方でも、迷わず正確・確実な処理が行えます。

①入力支援機能の強化

 必須入力項目の明示のほか、入力ミスの際にはエラー内容を表示し、それをクリックすることでエラー箇所へ移動して詳細確認が行えます。また、変更箇所を強調表示する機能なども搭載します。

②ステップ表示機能

 複数画面にわたる処理(転入や国保資格の異動処理等)について、全体の工程を表示します。これにより作業完了までの全工程や、次に行う処理を容易に把握できます。

 大幅な機能強化で、さらに使いやすくなる新世代TASKクラウドにご期待ください。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介