2021年4月号Vol.122

【巻末情報】 コロナワクチン接種事業への対応

 TKCでは、事業目的の一つに「地方公共団体の行政効率向上による住民福祉の増進」を掲げています。
 そうした、事業活動を通じた社会貢献の一例として、「新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業」では、基幹系システムを利用されるお客さまの〈住民のスムーズなワクチン接種と業務効率の向上〉を支援しています。

 ワクチン接種事業では、主に①クーポン券等の印刷・発送、②接種予約の管理、③接種会場での受付管理・接種、④接種結果の登録、管理──の業務が発生します。そこで、以下の取り組みによりこれらの業務を“一気通貫”で支援する体制を整備しました。

業務フロー

1.クーポン券等の迅速対応

 基準日時点で対象者を抽出し、クーポン券の印刷・発送業務をアウトソーシングで支援します。住民の分かりやすさを重視したデザインに加え、クーポン券や事業案内などを一体化したA4判圧着型封書様式を採用することで、封筒不足などの影響を受けることなく迅速な印刷・発送を可能としました。

2.接種予約・受付システムの提供

 スマート申請システムで培った技術とノウハウを生かし、「TASKクラウド新型コロナワクチン接種予約・受付システム」を開発・提供しました。
 これにより、住民はスマートフォンなどで簡単に接種予約できるほか、接種会場での予約確認や接種実績の登録にかかる手間の削減──など市区町村の業務最適化を支援します。

3.健康管理システムの機能強化

 「TASKクラウド健康管理システム」に新型コロナワクチン専用のタブを追加し、クーポン券の作成管理や接種記録管理などを支援する各種機能を提供します。
 また、先述の接種予約・受付システムとの自動連携により最新の接種実績を踏まえた予約受付が行えます。

◇   ◇   ◇

 TKCでは、これからもシステムの最適な活用を通して、行政効率の向上や住民福祉の増進、行政コストの削減を実現し、地域の存続と発展に貢献してまいります。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介