TKC

必見!『戦略経営者』特集記事から
コロナ禍で経営改善に挑む中小企業の事例等

このページでは、月刊『戦略経営者』の特集記事から、コロナ禍で資金繰り対策、テレワーク導入や新規事業創出等の経営改善に取り組む中小企業の事例等をご紹介します。

月刊『戦略経営者』特集記事(発行所 株式会社TKC)

令和3年10月号 「特集農業にニーズあり!」New!

  • 戦略経営者10月号 特集「特集農業にニーズあり!」
    • コロナ禍という窮状に「持続可能な社会づくり」がオーバーラップし、自然回帰の気運が高まっています。さらに、農業は掛け値なしに「儲かる」ことも明らかになっており、多方面からの農業へのニーズはとどまるところを知りません。
      新規事業として農業に取り組む企業の事例を紹介します。

    • 今年9月、厚生労働省が発表した男性の育児休業取得率(2020年度)は、12.65%でした。
      低空飛行が続く中、男性社員の育休取得促進にいち早く取り組み、魅力を高めた企業の事例を紹介します。

令和3年9月号 特集「“管理”が変わる!キーワードは電子化」

  • 戦略経営者9月号 特集「“管理”が変わる!キーワードは電子化」
    • 開発・製造や営業・マーケティング業務以上に「管理業務」のイノベーションが求められています。中小企業経営者は、制度改正に真摯に対応しつつ、その先の劇的変革へ向けた種まきに取り掛からなければなりません。

      総論 「経営のプロは“管理”を語り、素人は戦略を語る」
      PART1 インボイス制度への対応
      PART2 契約業務の電子化を進める
      PART3 ペーパーレス化を実践する
      PART4 マイナンバー制度を理解する

令和3年8月号 特集「成功する中途採用」

  • 戦略経営者8月号 特集「成功する中途採用」
    • ワクチンの普及によって、長かったコロナ禍にようやく終焉が訪れる期待が高まってきました。
      しかし、その反動として、深刻な人手不足の再来も予想されます。
      企業は人。アフターコロナにスタートダッシュをきかせるには、一歩先を読んだ採用戦略が必要です。

    • 一般消費者との接点づくりを目的に、ものづくりの現場を公開する「オープンファクトリー」。
      全国各地で開催されているこの催しがコロナ禍でどのような変貌を遂げているか。新常態をレポートします。

令和3年7月号 特集「テレワークの周辺を狙え」

  • 戦略経営者7月号 特集「テレワークの周辺を狙え」
    • コロナ禍による大きな地殻変動が起きている現在は、新商品開発のチャンスでもあります。その有望分野の一つが、テレワークに関連する商品です。こうした有望分野に切り込んで、ヒット商品を生み出すには、どのような経営者の思考と戦略が必要なのかを探りました。

    • 移動時間や家事の合間など、コマ切れの時間に気軽に利用できる「音声コンテンツ」。広報活動、あるいは社内コミュニケーション活性化に役立てている企業の取り組みご紹介します。

令和3年6月号 特集「リモート時代のサイバーリスク」

  • 戦略経営者6月号 特集「リモート時代のサイバーリスク」
    • テレワークやオンライン商談が当たり前になり、ますます欠かせなくなったITツールの活用。
      新型コロナ感染症の話題で持ちきりの昨今ですが、サイバー空間に出回るウイルスの脅威にも十分な注意が必要です。

    • 消費者や取引先、求職者などが、それぞれの企業がどのように社会課題に対応しているかを注視する時代になりました。
      学習指導要領にSDGsが盛り込まれ、「SDGsネイティブ」の若者が新社会人になっていくなか、中小企業のSDGsへの取り組みが求められる時代がやってきます。
      活用する際の基本的な考え方や先行事例をご紹介します。

    • 中小企業経営者の最も身近なパートナーである税理士と金融機関による、伴走支援の取り組みをご紹介します。

令和3年5月号 特集「ラストワンマイルを狙え」

  • 戦略経営者5月号 特集「ラストワンマイルを狙え」
    • 外出自粛にともない、EC(電子商取引)の市場拡大が続いています。
      個配・宅配の物流量の伸びが止まらないなか、地域の物流拠点から宅配先をつなぐ最後の区間「ラストワンマイル」が注目されています。

    • 今般のパンデミックは、中小企業にとっての間接金融への選択肢を狭めてしまいました。
      ビジネスマインドを持つ経営者たちによるクラウドファンディングへの取り組みをご紹介します。

令和3年4月号 特集「補助金で前を向く」

  • 戦略経営者4月号 特集「補助金で前を向く」
    • 2度目の緊急事態宣言も解除され、感染症と共生しながら「前を向く」経営が求められるフェーズに入ってきました。補助金や支援策を目いっぱい活用しながら、まずは経営力のアップを実現しましょう。

    • 大手量販店が電子値札を採用したり、鉄道会社が変動運賃制の検討を発表するなど、「値付け」をめぐる新たな動きが注目されています。価格設定にITを取り入れるプライステックなど、値付けの最新事情を紹介します。

令和3年3月号 特集「ウィズコロナを生き抜く」

  • 戦略経営者3月号 特集「ウィズコロナを生き抜く」
    • 2度目の緊急事態宣言の発令・延長によって、ひとまず感染は抑えられつつあるとはいえ、不安要素は少なくありません。中小企業経営者にとっての「ウィズコロナ時代の身の処し方」をご紹介します。

    • 改正高年齢者雇用安定法の施行が目前となり、企業には、第二の人生に移行する社員を支援する施策が求められます。改正法の内容や高齢者就労の現状・体制づくりの事例をご紹介します。

令和3年2月号 特集「ものづくりのDX」

  • 戦略経営者2月号 特集「ものづくりのDX」
    • 長らく日本の経済を支えてきた製造業において本格的なデジタル化の波が押し寄せています。
      ものづくり企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を実践し、業務効率の改善や付加価値を創造するためのポイントを解説します。

    • コロナの影響を受けて移動・物流ニーズの大きな変化がみられるなか、小型のEVモビリティーのさらなる需要の高まりが予想されます。
      市場の現状と課題、中小企業やベンチャーによる参入事例などをリポートします。

令和3年1月号 特集「未来をデザインする経営」

  • 戦略経営者1月号 特集「未来をデザインする経営」
    • 昨年、未曽有の感染症が産業界を席捲し、中小企業の資金繰りを瀬戸際にまで追い込みました。
      いまこそ財務を整え、経営計画を策定し、資金・本業の両面から “未来をデザイン” しなければなりません。

    • 2021年、世界の、日本の、そしてわれわれの進むべき道はどこにあるのか。
      時代の先端を走る識者 4名に語っていただきました。

令和2年12月号 特集「実践 新しい働き方」

  • 戦略経営者12月号 特集「実践 新しい働き方」
    • コロナ禍が後押ししているものの、いまだに定着が進まない「新しい働き方」。
      知恵と工夫を総動員しながらテレワーク、ダブルワーク、変形労働時間制など多彩な働き方を模索する中小企業の事例をご紹介します。

    • 働き方の変化にともない、広がりつつある「ワークプレイス」見直しの動き。
      感染防止を図りつつ、チームワークを損ねないオフィスのあり方を探ります。

令和2年11月号 特集「商店街サバイバル」

  • 戦略経営者11月号 特集「商店街サバイバル」
    • ライフスタイルの変化や購買チャンネルの多様化によって苦境に立たされている「商店街」。
      特に新型コロナ感染症は経営環境の悪化に拍車をかけました。逆風吹きすさぶなか、知恵や工夫を施し、活性化に取り組む商店街を取材しました。

    • 新規事業に取り組む際に中小企業にとってもっとも成功率が高いといわれるのが、既存事業の技術やノウハウを水平展開するやり方です。
      経済環境が激変するなかで果敢に新規事業に挑戦する中小企業の新商品・サービス開発の取り組みを取材しました。

令和2年10月号 特集「観光サバイバル」

  • 戦略経営者10月号 特集「観光サバイバル」
    • 関連する産業のすそ野がとりわけ広い観光業界。
      かつてのような団体ツアーの再開が見込めないなか、個人需要にターゲットをしぼる動きが見られるようになっています。新たな旅行のかたちを模索しはじめた、観光事業者の挑戦を追います。

    • 第2波がピークアウトし、秋冬の第3波が懸念される新型コロナ感染症。
      疫病的にも経済的にも未知のゾーンに突入する警戒感が広がっています。
      経済評論家、金融機関、企業それぞれの視点から現況の一端をレポートします。

    • 中小企業大学校東京校の「経営後継者研修」は、次代の経営者を目指す後継者の育成を目的とした研修プログラムで、40年の歴史を誇っています。
      研修の一時中断など新型コロナによる数々のトラブルを乗り越え、中小企業大学校を巣立っていく後継者たちの姿を追います。

令和2年9月号 特集「コロナ禍に立ち向かう経営者たち」

  • 戦略経営者9月号 特集「コロナ禍に立ち向かう経営者たち」
    • コロナ禍という未曾有府の事態のなか、"経営者スピリッツ"で突破口を切り開き、新規事業や新商品の展開、風評被害対策、感染症BCPなどに取り組んでいる企業の事例を紹介します。

    • 各産業でリアル店舗の苦境が続く一方、EC市場が盛り上がっています。
      これからEC展開を本格化する中小企業が注意すべきポイントや企業事例を紹介します。

令和2年8月号 特集「セールスの新常態/資金繰り新時代6 ウィズコロナ編Ⅱ」

  • 戦略経営者8月号 特集「セールスの新常態/資金繰り新時代6 ウィズコロナ編Ⅱ」
    • 新型コロナ感染症が「足で稼ぐ」というセールスの常識に風穴を開けたことで、新たな営業スタイルの確立が急務となりました。有識者へのインタビューや企業の実例を通して、これからの時代にふさわしい営業活動のあり方を探ります。

    • 緊急事態宣言が解除されるも、感染者数は再び上昇しています。
      中小加工業者の経営を金融機関と顧問税理士が支援するケーススタディをレポート形式で、そして、コロナ禍中の中小企業を必死で支える信用保証協会の奮闘ぶりをインタビューでお届けします。

令和2年7月号 特集「復活への処方箋/資金繰り新時代5 ウィズコロナ編/外食サバイバル」

  • 戦略経営者7月号 特集「復活への処方箋/資金繰り新時代5 ウィズコロナ編/外食サバイバル」
    • 緊急事態宣言が解除され、徐々に経済活動が再開されつつあります。
      復活へのキーワード「経済」「オンライン購買」「リモートワーク」についてご説明します。

    • ウィズコロナの時代、キャッシュフロー経営の重要性が増しています。
      企業、金融機関、税理士のコラボレーションによる、柔軟性のある資金繰り体制の事例を紹介します。

    • 苦境に立つ飲食業界を救うため、IT技術を活用したさまざまなビジネスが勃興しています。
      これらのフードテックベンチャーの最前線を紹介します。

令和2年6月号 特集「資金繰り新時代~コロナショック編~/「非接触」の時代/コロナ疲れ解消法」

  • 戦略経営者6月号 特集「資金繰り最前線/「非接触」の時代/コロナ疲れ解消法」
    • 経営者、税理士、金融機関の三位一体で資金繰りに奮闘する企業をレポートします。
      併せて、小規模企業共済制度の特例措置、持続化給付金制度について解説します。

    • 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「タッチレス」をキーワードとした製品・サービスに注目が集まっています。このトレンドや企業事例をご紹介します。

    • 外出自粛の長期化に伴い、健康管理とメンタルヘルスの両面で「コロナ疲れ」が懸念されています。
      コロナ疲れ対策のための生活習慣、運動、食事のポイントをご説明します。

令和2年5月号 特集「コロナショックに克つ」

  • 令和2年5月号 特集「コロナショックに克つ」
    • 経営者、税理士、金融機関の三位一体で資金繰りに奮闘する企業をレポートします。 併せて、小規模企業共済制度の特例措置、持続化給付金制度について解説します。

    • 災害や感染症などの有事においても事業を継続するには、常日頃からのBCP策定が欠かせません。企業の防災・感染症対策の注意点や事例をご紹介します。

    • 不要不急の外出が自粛要請されるなか、テレワークの導入機運が高まっています。
      コストを抑えつつ生産性を高めるポイントや事例をご紹介します。

    • デマに踊らされる心理的メカニズムとは?コロナショックにともなう相次ぐデマに惑わされないための防御策を解説します。

TKCビジネスワンポイントニュース(発行所 株式会社TKC出版)

令和2年6月号