システム操作研修会
開催中

電子取引インボイス制度に対応するための
基本操作等を解説する操作研修会を全国で開催しています。
FXクラウドシリーズ(証憑保存機能)操作研修会 開催日程一覧はこちらから
FXクラウドシリーズ(販売管理機能)操作研修会 開催日程一覧はこちらから

所得税・住民税の定額減税

 
令和6年
6月から
「定額減税」(定額による所得税の特別控除)が実施されます。
対象者
居住者※1
令和6年分の合計所得金額が1,805万円以下※2
国内に住所を有する個人または現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人
給与収入のみの場合、年収2,000万円以下
子ども・特別障害者等を有する者等の所得金額調整控除の適用を受ける方は、2,015万円以下
減税額
税目 種別 減税額
所得税 本人※1 3万円
同一生計配偶者※1 ※4 3万円
扶養親族※1 3万円/人
個人住民税
(所得割)
本人※1 1万円
控除対象配偶者※2 ※5 1万円
扶養親族※2 1万円/人
控除対象配偶者を除く同一生計配偶者※2 1万円※3
居住者に限る
国外居住者を除く
令和7年度分の所得割の額から控除
「同一生計配偶者」=納税義務者と生計を一、かつ、合計所得金額48万円以下
「控除対象配偶者」=同一生計配偶者のうち、納税者の前年の合計所得金額が1,000万円以下

給与所得者に対する定額減税は、給与支払者が給与等を支払う際に、源泉徴収税額から定額減税額を控除します。
給与支払者は2つの事務を行うこととなります。
令和6年6月1日以降に支払う給与等に対する源泉徴収税額から定額減税額を控除する事務
年末調整の際に、精算を行う事務

TKCシステムなら、安心して定額減税の準備から
給与計算・年末調整事務まで対応できます。

給与事務に係る定額減税の詳細はこちら

定額減税のスケジュール
定額減税のスケジュール
FXクラウドシリーズ給与計算機能には、「源泉徴収に係る定額減税のための申告書」のWeb入力・受理機能は搭載しません。

給与担当者から社員への案内資料

給与担当者から社員への案内資料

3月上旬ご提供予定です。しばらくお待ちください。

電子取引データの保存

義務化
令和6年
1月1日
電子取引データとは、メールやWebサイト上で受け取った請求書や領収書等のことです。
令和6年1月からは、これらの書類を紙で印刷して保存することは認められなくなり、電子データでの保存が必要です。
TKCシステムの電子取引データの保存はかんたんです!
~FXシリーズを利用の皆様は
今すぐ開始できます~
電子取引データの保存について
もっと知りたい方はこちら
まずは「自社で取り扱う書類」をチェック
まずは「自社で取り扱う書類」をチェック
電子取引データの保存義務に関する制度の詳細は
電子取引データの保存義務に関する制度の詳細は
電子取引データの保存を
開始したい方・興味がある方は、
当事務所にご連絡ください!

関連資料

電子取引データに係る取り扱いの確認(電子取引チェックシート)

電子取引チェックシート

現在、受領している領収書や請求書等の中に、電子取引に該当する書類があるかをチェックするシートです。​

事務所通信特集号『 電子取引への対応のポイント』

事務所通信特集号『 電子取引への対応のポイント』

改正電子帳簿保存法(令和5年度税制改正)の概要と、電子取引データ保存義務化への対応のポイントを解説しています。

電子取引データ保存 対応ワークシート

電子取引データ保存 対応ワークシート

取引先から受領している書類や自社が発行している書類の整理、システムで保存する書類を検討する際に利用するシートです。

当ワークシートは当事務所が提供する『電子取引・インボイス対応ワークブックVol.1』と一緒に活用いただく資料です。
『電子取引・インボイス対応ワークブックVol.1』をご希望の方は当事務所までご連絡ください。

インボイス制度

制度開始
令和5年
10月1日
インボイス制度により、請求書等の記載事項が区分記載請求書等保存方式から
適格請求書等保存方式に変更されました。
売手側の義務
売手側
買手側(課税事業者)から求められた場合はインボイスを交付し、その写しを保存しなければなりません。
買手側の義務
買手側
売手側(適格請求書発行事業者)が発行したインボイスを保存しないと、原則、仕入税額控除ができません。
インボイスを発行できるのは、
適格請求書発行事業者の登録を受けた
課税事業者
に限られます。
免税事業者や登録を受けていない
課税事業者はインボイスを
発行できません。

インボイスの発行

TKCシステムは、インボイスに必要な記載事項を網羅した請求書を発行できます

販売管理機能から出力できるインボイスのサンプルはこちらをクリック

販売管理機能を
利用開始したい方・興味がある方は、
当事務所にご連絡ください!

インボイスの受取

受け取ったインボイスのチェックから
正しい消費税額の計算まで安心のTKCシステム
  • 適格請求書発行事業者のチェック機能
    適格請求書発行事業者の
    チェック機能
  • インボイスとする書類を選択可能
    免税事業者等の可能性を
    注意喚起
  • 受け取る相手に親切なインボイス
    紙と電子はもちろん
    ペポルインボイスにも対応
FXシリーズはインボイス制度に完全対応しています。
FXシリーズに関する問い合わせは、
当事務所にご連絡ください!
TKCシステムインボイス対応
の詳細はこちら
インボイス、電子取引、電子帳簿への
対応はもちろん
タイムリーな業績管理体制
構築を支援します

「インボイスの発行」および「受領したインボイス」の仕訳計上に関する設定方法のご案内

1.インボイス発行処理手順の解説書(FXクラウドシリーズ(販売管理機能)、SXシリーズ)

FXクラウドシリーズ(販売管理機能)
インボイス制度対応のための設定事項
FXクラウドシリーズ(販売管理機能) インボイス制度対応のための設定事項

FXクラウドシリーズ(販売管理機能)に搭載された「インボイス制度対応機能」について、事前設定の手順とインボイスの発行処理について解説しています。インボイス発行をスムーズに進めていただくためにも、ぜひご活用ください。

『すぐに使えるSX2 戦略販売・購買情報システム(SX2)ガイドブック』別冊
これで安心!SX2のインボイス制度対応機能の使い方
『すぐに使えるSX2 戦略販売・購買情報システム(SX2)ガイドブック』別冊これで安心!SX2のインボイス制度対応機能の使い方

SX2に搭載された「インボイス制度対応機能」の使い方をまとめています(PDF版、全40ページ)。インボイス制度下の請求・支払業務等を進めていただくためにも、ぜひご活用ください。

2.動画で設定方法をご紹介「今から始めよう!インボイス制度対応 3ステップで設定完了」

~3ステップで設定完了~今から始めよう!インボイス制度対応
TKCシステムは、インボイス制度に完全対応しています。
インボイス制度への対応に必要となるシステムの設定方法を、動画でご確認ください。

3.システムの設定内容をご確認いただける「インボイス制度 システム設定確認シート

インボイス制度対応のための各システムにおける設定事項をまとめた確認シートをご用意いたしました。
以下よりダウンロードの上、ご活用ください。

  • FXクラウドシリーズ(販売管理機能含む)のシステム設定確認シートはこちら

  • FXシリーズのシステム設定確認シートはこちら

  • SXシリーズのシステム設定確認シートはこちら

関連資料

事務所通信特集号『タイムリミットから見たインボイス対応の総点検』

事務所通信特集号『タイムリミットから見たインボイス対応の総点検』

令和5年10月までにインボイス制度対応を漏れなく・スムーズに完了させるために、実施が必要なこととその期限・留意点等を分かりやすく解説しています。

Q&A 消費税・インボイス制度開始に向けて準備すべきことは?

Q&A 消費税・インボイス制度開始に向けて準備すべきことは?

インボイス制度が開始する令和5年10月までに、自社の課題を整理し解決に向けた打ち手を考えていただく手順を解説しています。

ワークブックVol.2 Excelシート

電子取引チェックシート

インボイス制度への対応について、書類の整理、記載事項のチェック、スケジュールの確認等、必要な対応を段取りよく進めていただくためのワークシートです。

当ワークシートは当事務所が提供する『電子取引・インボイス対応ワークブックVol.2』と一緒に活用いただく資料です。
『電子取引・インボイス対応ワークブックVol.2』をご希望の方は当事務所までご連絡ください。

ワークブックVol.3 Excelシート

電子取引チェックシート

インボイス制度への対応について、書類の整理、仕入先が適格請求書発行事業者になっているか、インボイスの記載事項の確認等、必要な対応を段取りよく進めていただくためのワークシートです。

当ワークシートは当事務所が提供する『電子取引・インボイス対応ワークブックVol.3』と一緒に活用いただく資料です。
『電子取引・インボイス対応ワークブックVol.3』をご希望の方は当事務所までご連絡ください。

事業者登録番号の問い合わせ文書のひな型

事業者登録番号の問い合わせ文書のひな型

取引先に自社の適格請求書発行事業者登録番号を通知すると同時に取引先の適格請求書発行事業者登録番号を確認するための文書(ひな型)です。

ページトップへ