機能 – オプション

マネジメントレポート設計ツール

マネジメントレポート設計ツールは、eCA-DRIVERのデータをExcelに自由に出力できるツールです。
当ツールを利用することにより、今まで手作業で作成していた取締役会報告資料や会社独自の管理資料、会社毎に様式の異なる監査資料を効率的に作成できます。
ファイルを開く度にeCA-DRIVERの最新のデータがExcel上に表示されるので、資料作成にかかる時間とコストを大幅に削減できます。

マネジメントレポート設計ツール 残高の反映

データ収集ツール(注記情報システム)

ユーザが定義したレポーティング・パッケージでデータ収集できます。グループ特有の注記情報の作成やグループ経営のための管理資料の作成など様々な場面で利用できます。
スプレッドシートをeCA-DRIVERに取り込むことにより入力画面を設計できます。
当画面への直接入力またはエクセルファイルのインポートにより、独自の報告項目を収集できます。

スプレッドシートによる情報収集

予算連結業績管理システム

制度連結と異なる範囲で予算連結・予測連結、業績管理を行えます。月次の予算や予測等のデータを発生または累計で入力できます。12カ月分を一括入力できる月別レポーティングパッケージを利用することにより、実績データと予算を合わせた簡易的な予測連結を行えます。

予算連結処理

複数連結システム

グループ内に複数の連結グループが存在する場合に、他の連結グループに影響されずに独立して並行的に連結財務諸表を作成できます。

複数連結システムイメージ図

グループ会社取引詳細照合システム

グループ内の債権・債務等の取引について連結決算で必要な勘定科目の単位より細かい取引単位での照合、取引通貨ベースでの照合を支援するシステムです。