連結会計システム eCA-DRIVER

システムの特長

eCA-DRIVERは、子会社のレポーティング・パッケージ収集機能から連結処理および連結財務諸表の作成までの連結決算に必要な機能を搭載しているパッケージシステムです。500社以上の企業グループへの導入実績があります。TKCのデータセンターを利用したシステム運用に高い評価を頂いています。データセンターは86号報告書を受領しています。

システムの特長

連結パッケージ
収集業務の効率化

データ連携による
入力の省力化

四半期・月次決算
処理の自動化

監査対応の効率化

豊富な拡張機能
(オプション)

連結パッケージ収集業務の効率化機能の一例

データ収集ツールはスプレッドシートイメージでWeb入力画面を設計できます。子会社の経理担当者は財務諸表等のデータを使い慣れたエクセルに近い画面で入力頂くことができます。子会社がデータ収集ツールに入力した内容は、そのまま連結会計システムに読み込むことができます。データ収集ツールを利用することにより、子会社への入力負担を低減するだけでなく、様々なデータが収集できます。

連結パッケージ収集業務の効率化機能の一例
TKC連結グループソリューション【会計】

ユーザー事例

税務・会計の専門家による安心サポート

税務と会計の実務に精通した専門家(TKC全国会に加盟する税理士・公認会計士)が、システムの導入から運用までサポートすることで、貴社のご要望にきめ細やかに対応します。