TKCローライブラリーとは サービスの概要を確認する 無料トライアルを申込む
交通事故民事裁判判例集Web、交通事故過失相殺事例データベース
ビジネス法務、公正取引Web
TKC法律事務所実務セミナー2015
あなたの司法修習を支える信頼のパートナー「TKCローライブラリー(司法修習生版)」

最新記事 Pick up

TKCローライブラリーのコンテンツから一部を抜粋してご紹介します。

  • 注目の判例
  • 新・判例解説Watch
  • 税法話題の判例紹介

実務・研究上重要と思われる「注目の判例」を毎週ピックアップしてご紹介しています。

「注目の判例」バックナンバーへ

2015.04.21
大飯原発3,4号機及び高浜原発3,4号機運転差止仮処分命令申立事件new
LEX/DB25447198/福井地方裁判所 平成27年4月14日 決定 (第一審)/平成26年(ヨ)第31号
高浜発電所(高浜原発)から250キロメートル圏内に居住する債権者らが、債務者(電力会社)に対し、人格権の妨害予防請求権に基づいて、債務者が高浜原発の3号機及び4号機の運転差止めの仮処分を求めた事案において、(1)冷却機能の維持については、各地の原発敷地外に幾たびか到来した激しい地震や各地の原発敷地に5回にわたり到来した基準地震動を超える地震が高浜原発には到来しないというのは根拠に乏しい楽観的見通しにしかすぎないといえ、さらに、基準地震動に満たない地震によっても冷却機能喪失による重大な事故が生じ得るというのであれば、そこでの危険は、万が一の危険という領域をはるかに超える現実的で切迫した危険と評価できるとし、(2)閉じ込めるという構造(使用済み核燃料の危険性)については、使用済み核燃料を閉じ込めておくための堅固な設備を設けるためには膨大な費用を要するということに加え、国民の安全が何よりも優先されるべきであるとの見識に立つのではなく、深刻な事故はめったに起きないだろうという見通しのもとにかような対応が成り立っているといわざるを得ないとし、(3)高浜原発の現在の安全性(被保全債権の存在)については、原発の運転によって直接的にその人格権が侵害される具体的な危険があることが疎明されているといえるとし、高浜原発の事故によって債権者らは取り返しのつかない損害を被るおそれが生じることになり、本案訴訟の結論を待つ余裕がなく、また、原子力規制委員会の許可がなされた現時点においては、保全の必要性は肯定できるとして、債務者に対し、高浜原発3号機及び4号機の原子炉の運転中止を認めた事例。
2015.04.21
損害賠償請求事件(サッカーボール事故訴訟 )new
「新・判例解説Watch」H27.6中旬頃 解説記事の掲載を予定しています
LEX/DB25447192/最高裁判所第一小法廷 平成27年4月9日 判決 (上告審)/平成24年(受)第1948号
自動二輪車を運転して小学校の校庭横の道路を進行していたB(当時85歳)が、その校庭から転がり出てきたサッカーボールを避けようとして転倒して負傷し、その後死亡したことにつき、同人の権利義務を承継した被上告人(原告、被控訴人・附帯控訴人)らが、前記サッカーボールを蹴ったC(当時11歳)の父母である上告人(被告、控訴人・附帯被控訴人)らに対し、民法709条又は民法714条1項に基づく損害賠償を請求した事案の上告審において、ゴールに向けてサッカーボールを蹴らないよう指導する監督義務があり、上告人らはこれを怠ったなどとして、被上告人らの民法714条1項(監督義務)に基づく損害賠償請求を一部認容した原審の判断を否定し、上告人らは、監督義務者としての義務を怠らなかったというべきであるとし、上告人らの敗訴部分には判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反があり、被上告人らの民法714条1項に基づく損害賠償請求は理由がなく、被上告人らの民法709条に基づく損害賠償請求も理由がないこととなるから、原判決中上告人らの敗訴部分をいずれも破棄し、第一審判決中上告人らの敗訴部分をいずれも取消した上、前記取消部分に関する被上告人らの請求をいずれも棄却し、かつ、前記破棄部分に関する承継前被上告人Aの請求に係る被上告人X2及び同X3の附帯控訴を棄却した事例。
2015.04.21
損害賠償請求事件(ファウルボールが顔面に直撃)new
「新・判例解説Watch」H27.6中旬頃 解説記事の掲載を予定しています
LEX/DB25447181/札幌地方裁判所 平成27年3月26日 判決 (第一審)/平成24年(ワ)第1570号
原告が、札幌ドームの1塁側内野席において、平成22年8月に行われたプロ野球の試合を観戦中、打者の打ったファウルボールが原告の顔面に直撃して右眼球破裂等の傷害を負った事故について、被告らがファウルボールから観客を保護する安全設備の設置等を怠ったことが原因であるなどと主張し、〔1〕本件試合を主催し、本件ドームを占有していた被告株式会社北海道日本ハムファイターズに対し、工作物責任(民法717条1項)、不法行為(民法709条)、債務不履行(野球観戦契約上の安全配慮義務違反)に基づき、〔2〕指定管理者として本件ドームを占有していた被告株式会社札幌ドームに対し、工作物責任(民法717条1項)、不法行為(民法709条)に基づき、〔3〕本件ドームを所有していた被告札幌市に対し、営造物責任(国家賠償法2条1項)、不法行為(民法709条)に基づき、連帯して、本件事故による4659万5884円の損害の賠償及びこれに対する遅延損害金の支払を求めた事案において、本件事故当時、札幌ドームに設けられていた安全設備等の内容は、本件座席付近で観戦している観客に対するものとしては通常有すべき安全性を欠いていたものであって、工作物責任ないし営造物責任上の瑕疵があったものと認められるとし、原告の請求を一部認容(被告らに連帯して、4195万6527円及びこれに対する遅延損害金の支払を命じた)した事例。
2015.04.21
受託収賄、事前収賄、公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律違反被告事件(岐阜県美濃加茂市長 無罪)new
LEX/DB25505958/名古屋地方裁判所 平成27年3月5日 判決 (第一審)/平成26年(わ)第1494号
被告人が、αから、浄水プラントを市立の学校に設置する契約が締結できるように有利かつ便宜な取り計らいをしてほしい旨の請託を受け、これを承諾し、αから、報酬並びに今後も同様の取り計らいをすることの報酬として供与されるものであることを知りながら、現金の供与を受け、もって自己の職務に関し、請託を受けて賄賂を収受するなどしたとして起訴された事案において、当該各現金授受の事実を認めることはできないとして、無罪を言い渡した事例。
2015.04.21
逮捕監禁、爆発物取締罰則違反、火炎びんの使用等の処罰に関する法律違反被告事件
(オウム事件 控訴棄却)new
LEX/DB25505965/東京高等裁判所 平成27年3月4日 判決 (控訴審)/平成26年(う)第797号
教団の信者であった被告人が、教団信者の所在を聞き出すため、その兄である被害者Aを拉致することを企て、共犯者と共謀の上、Aを自動車の後部座席に押し込んで同車を発車させ、教団施設内において、同人に全身麻酔薬を投与して意識喪失状態を継続させるなどして同人を脱出不可能な状態において逮捕監禁し、また、教団が宗教弾圧や攻撃を受けているかのように装おうなどと考え、当時教団を擁護する立場であると考えていた人物が居住していたマンションの玄関に手製爆弾を設置し、爆発させるなどした事案の控訴審において、被告人を懲役9年に処した原判決の量刑が重すぎて不当であるとはいえないなどとして、本件控訴を棄却した事例。

新着の重要な判例解説を、判例全文とあわせて期間限定で公開しています。

「新・判例解説Watch」バックナンバーへ

2015.04.24
民法(財産法) No.95 new
大阪高等裁判所平成26年2月27日判決(LEX/DB25503098)]
大宮法科大学院大学教授・弁護士 田中 宏
2015.04.24
租税法 No.120 new
東京高等裁判所平成26年4月9日判決(LEX/DB25505559)]
和歌山大学教授 片山直子
2015.04.24
労働法 No.83 new
奈良地方裁判所平成26年7月17日判決(LEX/DB25504581)]
琉球大学准教授 戸谷義治
2015.04.24
租税法 No.119 new
広島高等裁判所平成26年1月29日判決(LEX/DB25446612)]
金沢星稜大学教授 大屋貴裕
2015.04.24
憲法 No.95 new
大阪地方裁判所平成27年1月21日判決(LEX/DB25505564)]
立命館大学助教 坂田隆介

税務に役立つ話題の判例・裁決を、TKC税務研究所による解説をつけて毎月ご紹介しています。

「税法話題の判例紹介」バックナンバーへ

2015.04.15
平成27年4月(通巻第188号)new
参照法令:相続税法/国税徴収法
[国税不服審判所平成22年2月4日裁決(LEX/DB26012350)]
2015.03.18
2015.02.17
2015.01.15
平成27年1月(通巻第185号)
参照法令:国税通則法/地方税法
[東京高等裁判所平成22年1月27日判決(LEX/DB25500886)]
2014.12.04
このページのトップへ
このページのトップへ
ご利用のお申込み
お問合せ
無料トライアルのお申込み