2017年

常陽銀行の法人向けインターネットバンキングとの 「API連携サービス」を共同で構築へ

2017年3月3日

株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:角 一幸)と株式会社常陽銀行(本店:茨城県水戸市/取締役頭取:寺門一義)は、TKCの企業向けFinTechサービス「銀行信販データ受信機能」と常陽銀行が提供する法人向けインターネットバンキングのAPI連携実現に向けて、2017年6月サービス開始を目標として検討を進めることに合意しました。

株式会社TKCは、TKC全国会会員(税理士、公認会計士等)と常陽銀行の共通の顧客である中堅・中小企業の成長・発展を支援するとともに、「銀行信販データ受信機能」のさらなる促進とFXシリーズの顧客価値向上に取り組みます。

API連携イメージ

①中堅・中小企業(TKCのFinTechサービス利用者)のメリット

法人インターネットバンキングのIDやパスワードをFXシリーズに登録をすることなく、常陽銀行の入出金明細データを取り込むことが可能となるため、より安全で利便性の高いサービスを利用することができるようになります。

②常陽銀行のメリット

取引先企業に、より安全で利便性の高いFinTechサービスの利用環境を提供することができるとともに、FinTechサービスの利用をきっかけとしたインターネットバンキングのさらなる普及が期待できます。

当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社TKC 東京本社 経営管理本部 広報部
TEL:03-3266-9200