2019/05/17
税理士・公認会計士のご紹介

公益法人会計・税務Q&A

公益法人会計でよくある質問と回答をご紹介

公益法人会計・税務Q&A

債券、基本財産・特定資産

償却原価法(アモチゼーション)評価での基本財産の減少額について

【質問】
 基本財産(指定正味財産)の一部で国債を購入し満期保有目的の債券としました。
 基本財産570万円分を購入するのに、額面より高い額だったため現在の簿価では、基本財産が増加した状況です。償却原価法で評価していく間、毎年基本財産の額が減少していくわけですが、この減少分は基本財産の処分にあたるのでしょうか。
【回答】
 基本財産である満期保有目的の債券については、満期までの期間、償却原価法により評価を行うことで貸借対照表価額が減少することは差し支えないものと考えられます。
【根拠となる法令等】
公益法人会計基準 注解9

※当Q&Aの内容は、個別の質問に対する回答であり、TKC全国会公益法人経営研究会及び株式会社TKCは、当Q&Aを参考にして発生した不利益や問題について何ら責任を負うものではありません。