2019/03/18
税理士・公認会計士のご紹介

公益法人会計・税務Q&A

公益法人会計でよくある質問と回答をご紹介

公益法人会計・税務Q&A

税務

国等に対する寄付金の税務上の取り扱いについて

【質問】
 自治体病院を指定管理者として運営している法人です。自治体に病棟を増築する予算が不足して費用の半額を当法人が寄付することになりました。この寄付金は繰延資産として処理するのでしょうか。ちなみに指定期間は本年度で終了し、次年度より3年間新たに契約する予定です。
【回答】
 公益法人会計基準では繰延資産の規定がないため、正味財産増減計算書の支払寄付金に計上することになります。
 また、法人税法上、国又は地方公共団体に対する寄附金については、支出した日の属する事業年度においてその全額の損金算入が認められます。
【根拠となる法令等】
法人税法第37条第3項第1号

※当Q&Aの内容は、個別の質問に対する回答であり、TKC全国会公益法人経営研究会及び株式会社TKCは、当Q&Aを参考にして発生した不利益や問題について何ら責任を負うものではありません。