医業経営情報

2018年7月

 

 <目次>

●巻頭インタビュー/地域と一体となった体制づくりが介護事業には不可欠
社会保障審議会介護給付費分科会会長 公立大学法人埼玉県立大学理事長 田中 滋
●MX2活用事例/患者の「笑顔と会話の集まるクリニック」のためMX2で経営基盤を強化する
さくらみち歯科クリニック院長 石津泰彦
●地域包括ケアシステムで求められる薬剤師の姿/在宅サービス・地域貢献に積極的に取り組み多職種をつなぐ役割を果たすべき
一般社団法人柏市薬剤師会副会長 株式会社柏薬局代表取締役 齊藤 泉
●神経難病に力を入れる在宅医療専門診療所/神経難病の患者が在宅で幸せに暮らせる体制をつくりたい
こうべ神経内科ホームクリニック院長 辛 龍文
●人事労務/患者様にもスタッフにも選ばれるクリニックに必要なこと①
3つの取り組みで「接遇力」を高めよう!
●財務分析/財務データの変化に気づき迅速な対応策を!③安全性分析
専門家を活用して「流動」「当座」「固定」比率を確認しよう
●介護事業経営 介護サービス別健全経営の重要な視点 ③訪問介護
求められる役割と適正利益確保のためのマネジメント

セミナーのご案内

運営組織のご紹介

TKC全国会医業・会計システム研究会 (略称:TKC医会研) は、TKC全国会の中でも特に医業・会計に精通した約1,800名の会員により構成されており、約23,000件の病院・診療所の健全経営をご支援させていただいております。