医業経営情報

2020年11月

 

●巻頭インタビュー/「ウィズコロナ時代」だからこそより大切になる仲間とのつながり
一般社団法人認知行動療法研修開発センター 理事長 精神科医 大野 裕
●TKC医業会計データベース(MX2)活用法/院長夫人の経営管理術!③
医業収益を構成する患者数や患者単価等を分析しより効果的な打ち手につなげる
医療法人あべ内科循環器科クリニック 事務長・院長夫人 安部美幸(税理士)
●オンライン診療の実践ポイント/オンライン診療は第4の診療 「小児医療でも有用性は高い」
医療法人社団嗣業の会外房こどもクリニック 理事長・院長 黒木春郎
●「ウィズコロナ時代」の歯科医院経営/ウィズコロナ時代はIT化が大きなカギに予防で先手を打つことが重要
柏の葉総合歯科 院長 康本征史
●介護事業経営/介護事業所における感染予防対策の留意点①
「ルールの徹底」と「職員への個別ケア」がコロナ対策の決め手
天晴れ介護サービス総合教育研究所株式会社 代表取締役 榊原宏昌
●広報戦略/「ウィズコロナ時代」に求められる広報戦略②
きちんと自院の感染症対策を地域にアピールしブランド力を高めることが大切
オペレーション・ジャパン株式会社 代表取締役社長 野中俊英
●接遇/患者の信頼を落とさない!「非接触型」の接遇ポイント
第2回現場で実践したい具体的な非接触型応対
K'sオフィス 代表医療専門接遇講師 佐竹桂子
●税務/クリニックの収入等に関する税務・会計処理の留意点
第2回日常におけるクリニックの収入の種類と会計処理
TKC医会研 広報委員会 委員 加藤田敏孝

セミナーのご案内

運営組織のご紹介

TKC全国会医業・会計システム研究会 (略称:TKC医会研) は、TKC全国会の中でも特に医業・会計に精通した約1,600名の会員により構成されており、約23,000件の病院・診療所の健全経営をご支援させていただいております。