TKC東京都心会

会長メッセージ

TKC東京都心会は、新宿区、渋谷区、中野区、杉並区、世田谷区、目黒区の6つの区(10税務署)に所属する税理士で構成されています。
会員は租税正義の実現をめざし、中小企業の永続的な成長・発展を心から願い、活動しています。

1.会員(税理士)は、中小企業経営力強化支援法に基づく認定支援機関です。

これから起業したい、業績管理体制を作りたい、経営計画を作りたい、事業を承継する準備に入りたい、海外に進出したい。例えばこうしたご相談に、親身になってお応えします。会員それぞれの事例を収集し共有化しているので、情報が常に最新であり、かつ豊富です。

2.中小企業の円滑な資金調達支援のために、地元の金融機関と積極的に提携し交流しています。

当会の管轄地域に本部がある西武信用金庫、東京三協信用金庫、第一勧業信用組合、昭和信用金庫、西京信用金庫と中堅・中小企業の持続的成長支援に関して業務提携しております。提携金融機関と連携し、経営改善計画作成支援にも積極的に取り組んでいます。

3.新規開業者から中堅、大企業向けの自計化支援を積極的に行っています。

事業を一気に拡大したい、経営の実態を数字で細かく視覚化したい、膨大な取引記録を会計システムに一気に連動させたい、非財務データと財務データを組み合わせ、自社オリジナルの経営資料を作りたい。こんなご要望に的確にお応えします。

4.相続のご相談もお気軽に!

平成27年の相続税改正により相続税を納める方が倍増したそうです。特に当会のエリアでは顕著となっております。
相続対策、また相続開始から申告まで会員(税理士)が懇切丁寧に対応いたします。

5.TKCモニタリング情報サービスを推進しています。

法人企業様におかれましては、取引のある金融機関に決算書や申告書を提供することがあると思います。私たちTKC会計人は毎月の巡回監査を通じて、財政状態及び経営成績に関して真実な報告を行う決算書、適正な申告を行う申告書の作成に関与しております。その決算書、申告書を国税の電子申告と同時に金融機関に電子的な方法で提供するのがTKCモニタリング情報サービスです。これにより関与先企業、金融機関、税理士の相互の信頼関係を構築し、企業の円滑な資金調達等、健全な成長発展に役立てます。

かならず企業経営者の良きパートナーになり、お役に立ちます。
お気軽にお問合せください

大石尚彦

TKC東京都心会
会長 大石尚彦