ページトップへ

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会の特長

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会とは

妙中茂樹 様
TKC全国会
中堅・大企業支援研究会
代表幹事 妙中茂樹

 「TKC全国会 中堅・大企業支援研究会」は、上場企業およびその子会社をはじめとした中堅・大企業に関わる税務・会計の研究を目的として、2010年10月に活動をスタートしました。
 以来、中堅・大企業に特化したシステムの導入・運用コンサルティングを基盤に大企業特有な税務・会計についてのアドバイスや子会社へのサポート業務などを展開しています。

 大法人に対する法人税・消費税等の電子申告義務化や連結納税制度の見直しなど、中堅・大企業においては今後も相次ぐ税務・会計の制度改正への対応が迫られています。そして、海外子会社も含めた業績管理体制の強化などこれまで以上に企業グループ全体で「税務」と「会計」のコンプライアンスの遵守が求められています。
 税理士および公認会計士1万名超が組織するTKC全国会がこれまで培ってきた支援実績やノウハウを活かしながら、われわれ研究会会員は中堅・大企業の税務、会計に関する専門性をさらに高めます。システムユーザやクライアント企業にとって“一番身近な相談相手”となれるよう、努力を重ねてまいります。
 税務・会計の専門家の“力”を結集して「中堅・大企業の適法・適正な会計処理と税務申告」を支援いたしますので、是非、お気軽にご相談ください。

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会の特長

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会はTKCグループの強みを活かし、
あらゆる企業規模の皆様にとって「税務・会計の頼れるパートナー」であることを目指します。

全国組織

中堅・大企業の税務・会計の実務に精通し、
かつ高い業務品質を誇る中大研会員(税理士・公認会計士)が
全国規模のネットワークを通じて企業グループを支援

中堅・大企業においては、相次ぐ税務・会計の制度改正が行われるなか、子会社も含めた業績管理体制の強化が必要になっており、企業グループ全体で、「税務」と「会計」のコンプライアンスが求められています。

全国に展開する中大研会員のネットワークで、地方に所在する子会社なども地元の会員がサポートさせていただくなど、全国で1,400名を超える会員が企業グループをトータルサポートいたします。

企業グループの決算・申告業務を網羅したシステム

企業グループの決算・申告に関するすべての業務を
網羅したシステムラインアップ

中堅・大企業向けのTKC連結グループソリューションは、企業グループの決算・申告に関するすべての業務を網羅しています。

対応窓口はワンストップ、かつ最適なシステム構成をご提案いたします。貴社の財務会計、連結決算、単体/連結納税、そして電子申告対応を強力に支援します。

豊富なサポート実績

上場企業を含む4,200企業グループを超える支援実績

中大研会員は中堅・大企業向けのTKC連結グループソリューションの導入支援を、上場企業を含む4,200企業グループ超に実施してまいりました。(全国上場企業売上高ランキングトップ100社のうち、87%超の企業が連結グループソリューションを採用しています。)

これまで培ってきたノウハウを活かしながら、中堅・大企業の適法・適正な会計処理と税務申告を支援します。

専門家によるコンサルティングサービス

税務・会計の実務に精通した専門家が、システムの導入から運用までを担当

「税務・会計の専門家にお任せください!」

TKCシステムの導入は、本稼働まで税務・会計の実務に精通した中大研会員が貴社専任で支援します。親会社の担当者変更に伴うオペレーション指導や子会社支援など、貴社の課題解決を全国組織のネットワークで、バックアップいたします(税務顧問契約締結前提業務を含む)。

閉じる
電子申告義務化対応-実務担当者の今後の課題と解決策-資料ダウンロード 電子申告義務化コラム集ダウンロード 連結納税制度コラム集ダウンロード TKC電子申告セミナー2020 講演資料ダウンロード