会計事務所向けシステム

法人決算申告システム(TPS1000)

法人決算申告システム(TPS1000)

特長

  1. 4月1日から適用される改正法人税法等に迅速に対応。6月1日に当年4月決算法人の法人税・消費税・地方税の申告書等を作成できます。
  2. 80種類の法人税別表と、43種類の地方税申告書が完全連動します。
  3. 税法エキスパート・チェック機能を搭載。データ入力時に、税法上の要件チェックや関連するデータとの相互チェックが自動的に行われ、入力ミスを事前に防止します。
  4. 全都道府県・全市町村の地方税率マスターを搭載。不均一課税適用の都道府県・市町村でも、登録されている「適用基準」により、適用される税率を自動判定します。
  5. 決算と申告の業務を統合。財務会計システムと連動し、勘定科目内訳明細書、法人税・消費税・地方税申告書、税理士法第33条の2第1項の添付書面を作成できます。さらに、TKC電子申告システム(e-TAX1000)と連動し、国税と地方税の電子申告まで一気通貫で行えます。

TKC全国会への入会に関するお問合せはこちら

TKC会員に聞くTKCの総合支援体制

巡回監査士及び巡回監査士補資格のご案内

無料情報サービスのご案内

ご登録いただくと、以下のTKC会員向けサービスを一部ご利用いただけます。
さらに、最新セミナー等の開催情報をご案内いたします。

TKC経営指標(BAST)
TKC税務Q&Aデータベース

ご登録はこちら

※登録内容の修正・確認はこちら