令和4年1月、新制度スタート すぐ分かる!電子帳簿保存法対応ガイド令和4年1月、新制度スタート すぐ分かる!電子帳簿保存法対応ガイド

ご存じですか?
改正電子帳簿保存法の活用により
貴社の帳簿書類のペーパレス化経理業務の効率化決算書の信頼性向上が実現できます!
このサイトでは、電子帳簿保存法の概要や
制度対応のポイント等について、わかりやすくご紹介します。

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法とは、原則、紙で保存が義務付けられている帳簿書類を、電磁的記録(電子データ)で保存することを認めている法律です。
※電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法の特例に関する法律

電子による保存は、3つに区分されます。

  1. 会計ソフト等で作成した帳簿を電子的に保存する「電子帳簿等保存」
  2. 紙で受領・作成した書類を画像データで保存する「スキャナ保存」
  3. 電子的に授受した取引情報をデータで保存する「電子取引」

令和3年度税制改正(令和4年1月1日施行)では、経済社会のデジタル化を踏まえ、帳簿書類の電子データでの保存要件が大きく見直されています。

<電子帳簿保存法上の区分(イメージ)>

電子帳簿保存法上の区分(イメージ)

各区分の制度の詳細は
以下をご確認ください。

TKCの会計ソフト「FXシリーズ」は
電子帳簿等保存スキャナ保存電子取引
すべてに対応

TKCの会計ソフト「FXシリーズ」1つで、
「電子帳簿等保存」「スキャナ保存」「電子取引」のすべてに対応できます。
新たなソフトを導入する必要はありません。

FXシリーズ

さらに、中堅・大企業の電子取引スキャナ保存対応を支援

改正電子帳簿保存(電子取引関係)や、改正消費税法(インボイス)への対応が
求められる中堅・大企業を支援するために「インボイス・マネジャー」を提供しています。

インボイス・マネジャー

その他のおすすめコンテンツ

インボイス対応ガイド
年商50億円を目指す企業の情報誌 戦略経営者