最新の公益法人会計基準に対応

法人の事業運営に役立つ情報を
タイムリーに提供
安全・安心・便利な
クラウド会計ソフト

TKC公益研創設10周年記念特別講演会 今、公益法人に何が求められるのか?これからの公益法人の存続を考える
「電子帳簿ソフト法的要件認証」第1号認証を取得!
FX4クラウド(公益法人会計用)は、電子帳簿保存法の法的要件を満たしたソフトとして、
日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)から、国内第1号となる認証を受けています。
TKCは「電子帳簿保存法」に完全対応、実績NO.1!!
※ 認証ロゴは公益社団法人日本文書情報マネジメント協会によりライセンスされています。

FX4クラウド(公益法人会計用)が選ばれる理由

FX4クラウド(公益法人会計用)は、常に最新の公益法人会計基準に対応し、公益法人の事業運営に役立つ情報を迅速に確認できます。
健全な法人運営、法令遵守(コンプライアンス)、経理業務合理化を支援します。

銀行信販データ受信機能とは・・・

金融機関の取引データを、インターネットを利用して自動受信します。さらに仕訳ルールの学習機能を用いて、簡単に仕訳を計上できます。
詳細はこちらをクリック!

特長・機能

安全最高度のデータセキュリティー体制を備えたTKCデータセンターが、
安全にFX4クラウド(公益法人会計用)を提供

業務継続性の確保や情報管理体制の強化、財務報告の信頼性を確保するための内部統制の整備など、TKCデータセンター(TISC)を拠点に、
いま日本の法人が抱えている課題を適切に解決するサービスを提供します。

  • 天災(地震、風水害、雷等)への備えは万全
    硬質ゴムと鋼板を交互に積層した免震装置24基がTISCを支えています。震度7の地震でもこの免震装置が揺れを吸収し、建物内部のサーバ等の転倒や破損はありません。
  • 巨大なデータストレージ(バックアップ)
    10年分の仕訳と、2年分の伺書データを保管し、いつでも参照できます。
  • 運用モニタリング
    当社の社員が、システムの稼働状況を24時間365日監視し、万一のトラブルにも迅速に対応する体制を確立しています。
  • ISO27001等の取得
    情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格であるISO27001や、そのアドオン規格であるISO27018を取得しています。
  • 暗号化
    SSLによる暗号化に加え、アクセスコントロールに電子証明書の一つであるクライアント証明書を採用し、インターネット経由でアクセスするクライアントPCの本人性を確認しています。

安心公益法人会計基準に完全準拠したクラウド型会計システム

常に最新の公益法人会計基準に対応し、法人の事業運営に役立つ情報をタイムリーに提供します。
健全な法人運営、法令遵守(コンプライアンス)をTKC会員とTKCが支援します。

  • 公益法人会計基準に準拠
    公益法人会計基準に準拠した財務諸表を作成します。また、公益法人会計基準に示された勘定科目を標準搭載するほか、独自の収益事業等に対応した勘定科目を追加登録できます。
  • 会計の専門家(税理士・公認会計士)
    がサポート
    公益法人の会計や税務に精通したTKC会員(税理士・公認会計士)がシステムの導入から運用までをサポートします。
  • 内部統制を支援
    入力・参照できる事業、勘定科目や、利用できるメニュー(業務)を担当者ごとに設定できます。また、操作ログの保存・確認機能を搭載し、誰がいつどの操作を行ったかを自動的に記録しています。
  • 勘定科目残高等の整合性を月次で担保
    内部取引(他会計貸付金、他会計借入金)の整合性をチェックします。また、共通費の配賦が実施済みか、配賦後に仕訳の追加や修正が行われていないか等をチェックします。
  • 適正な法人税と消費税の申告計算を実現
    事業グループ集計機能により、法人税法上の収益事業のみの集計が可能です。また、消費税法に定められている仕入税額控除の適用要件(消費税法第30条)に完全対応しています。

便利業績管理(予算の執行状況の確認等)を、毎日行うための便利な会計システム

法人本部での入力のほか、支所や拠点からも分散入力することにより、最新の実績データが蓄積されます。

仕訳入力作業を大幅に省力化
(銀行信販データ受信機能)

複数の金融機関(銀行や信販会社)から、インターネットを利用して取引データを自動受信できます。
さらに、その取引データをもとに仕訳ルールの学習機能を利用して仕訳を“かんたん”に計上できます。

銀行信販データ受信機能イメージ図

TKCならではの機能(仕訳の二重計上の防止など)

正しい記帳をご支援するTKCならではの機能を搭載しています。これにより、自動受信した取引データの仕訳計上時に起こりうる仕訳の漏れやダブり、二重計上といった問題を未然に防げます。

  • 仕訳ルールの学習機能

    仕訳計上時に補正した内容をシステムに学習します。次回以降同種の取引データを読み込んだ際には、学習した仕訳を提示して入力をサポートします。自動で仕訳を計上せず、必ず仕訳を確認して計上できます。

  • 仕訳の二重計上防止機能

    銀行口座への預入、銀行口座からの引出、銀行口座間の振替取引など、受信した取引データとシステムに計上済みの仕訳を突合し、仕訳の重複を自動チェックします。

  • 銀行口座の実際残高と帳簿残高の検証機能

    銀行口座の実際の残高と、受信した取引データを全て仕訳計上した場合の帳簿残高が一致することを一目で確認でき、二重仕訳を除外できます。

  • 実績や予算の執行状況を
    リアルタイムに把握
    会計基準に則った「会計区分」「事業区分」での集計はもちろんのこと、任意の事業をグルーピングし、内部管理のための集計ができます。
  • 共通費の自動配賦機能で
    入力業務を効率化
    管理費から管理費、管理費から事業費など、任意の科目間で配賦できます。また、財務諸表上の会計区分間で配賦を行う場合は「他会計貸付金」「他会計借入金」などの内部取引科目を経由して配賦できます。
  • 将来に向けた収入と支出の予測が可能
    未執行の伺書の金額(執行予定額)を含めた予算対比ができます。
  • オリジナル帳表をExcelで簡単に作成
    マネジメントレポート設計ツールは、独自の関数とExcelの標準機能を使ってオリジナル帳表を作成できます。このオリジナル帳表は一度作成すれば、その後メンテナンスすることなく最新の数値で利用できます。
  • 給与計算や業務システムとの
    データ連携が簡単
    他システムからのデータ連携により、入力担当者の負担を軽減し、会計処理を効率化します。CSVファイルのほか、XMLファイルの読込みにも対応しています。
  • 伺書からインターネットバンキング
    による支払までを自動化
    伺書データは、仕訳データおよび支払予定データに変換され、支払処理、仕訳計上までの業務プロセスをシステム化できます。また、伺書機能はライセンスフリーで、何台のパソコンからでも同時入力できます。

導入・運用サポート

FX4クラウド(公益法人会計用)は、税務と会計の専門家であるTKC会員事務所とTKCがサポートする会計ソフトです。

専門家だからこそできるサポートがあります

全国のTKC会員事務所が、貴法人の顧問税理士としてシステムの導入をサポートします。法人情報・ユーザー情報はもちろん、貴法人に適した勘定科目情報・消費税情報等の登録・設定を支援するので、安心してシステムを利用開始できます。また、導入段階から専門家がサポートすることで、システムを利用した業績管理体制や経理体制を効率的に構築できます。

TKC全国会公益法人経営研究会のご紹介

TKC全国会では、専門分野の会計・税務および経営の研究のため、各研究会を組織しています。その中のTKC全国会公益法人経営研究会(略称:TKC公益研)は、公益法人制度と会計・税務に精通した会員により構成されたグループであり、全国の公益法人のご支援をさせていただいております。