医業経営情報

2016年12月号

<目次>

●巻頭インタビュー/「地域のために何をするか」がこれからの病医院経営のキーワード 国際医療福祉総合研究所 所長 中村秀一
●病医院訪問/松澤デンタルクリニック院長 松澤直昭
●母子の命を救え!/救急医を含めた多職種連携で“防ぎ得た周産期の死亡”を減らしたい
地方独立行政法人りんくう総合医療センター 産婦人科部長 荻田和秀  副医長 前中隆秀
●プロセス重視の在宅医療/患者、家族との信頼関係をもとに“一緒につくる在宅緩和ケア” 藤野在宅緩和ケアクリニック 院長 石橋了知 
●人事労務/クリニックでも実践できる! スタッフのやる気を高める研修会の仕組みづくり① 
●経営/開業から相続まで ~ライフスパンに応じて直面する経営上の問題点と解決法⑤安定期
●MX2の活用/経理事務の省力化を実現するFinTechサービス

セミナーのご案内

運営組織のご紹介

TKC全国会医業・会計システム研究会 (略称:TKC医会研) は、TKC全国会の中でも特に医業・会計に精通した約1,800名の会員により構成されており、約23,000件の病院・診療所の健全経営をご支援させていただいております。