ニュースリリース

「新セグメント会計対応直前セミナー」東京地区参加申込殺到で、定員100名から450名の会場へ変更―「マネジメント・アプローチ」の詳細解説と実務対応事例を紹介―

平成22年2月4日

 株式会社TKC(証券コード:9746/本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:髙田順三)は平成22年2月24日、東京地区において「新セグメント会計対応直前セミナー」を開催しますが、参加申込が多く当初予定の定員(100名)を大幅に上回ったことから、定員450名収容できる会場へ変更することを決定いたしました。

 本セミナーは、今年4月1日以降に開始される事業年度より、日本においても国際財務報告基準(IFRS)や米国会計基準と同様に「マネジメント・アプローチ」が採用されることを受けて、「新セグメント会計基準」の詳細と実務対応を紹介するものです。
 なお、本セミナーは事前申込みが必要です(定員になり次第締め切らせていただきます)。参加申込みは、こちらから。
 ご質問・お問い合わせはセミナー事務局フリーダイヤル(0120-347-249)まで。

「新セグメント会計対応直前セミナー」 概要

  1. テーマ
    • セミナー1 「マネジメント・アプローチのための連結経営管理体制について」
      講師:公認会計士・中田清穂氏
    • セミナー2 「連結経営管理体制の構築事例」
      講師:東邦ホールディングス株式会社 財務部ご担当者 様
    • その他 「TKC連結グループソリューションのご紹介」
  2. 開催日時
    平成22年2月24日(水)13:30~16:30
  3. 会場
    ベルサール神田
    千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル2F
  4. 定員
    450名/参加費無料
    *)要事前申込み/定員になり次第締め切らせていただきます。
  5. 参加対象
    経営企画部門、経理・財務部門の責任者、連結決算担当者
  6. 申込はこちらから
  7. 問い合わせ
    セミナー事務局フリーダイヤル 0120-347-249

当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社TKC 東京本社 経営管理本部 広報部
TEL:03-3266-9200 FAX:03-3266-9161
Eメール:pr@tkc.co.jp