ニュースリリース

地方公共団体向けシステムの開発環境整備へ TKCが、平成22年秋竣工予定で新ビル建設―1階フロアには、「飯塚毅記念館」(仮称)なども開設―

平成22年2月4日

 株式会社TKC(証券コード:9746/本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:髙田順三)は、システム開発部門の開発環境整備を目的として、栃木地区において新ビルを建設することを決定しました。
 今後、平成22年3月着工、平成22年秋の竣工を予定しています。

 新たに建設するビルは地上5階建、延床面積6,136.16㎡(1,856.18坪)のオフィスビルで、1階部分には「飯塚毅記念館」(仮称)と歴代のコンピュータなどを展示した「博物館」(仮称)を開設するほか、地方公共団体事業部門の社員約400名規模の入居を見込んでいます。

 地方公共団体事業部門は、これまで複数の建物に分散して配置されていましたが、将来的な開発要員の増強、および当社が提供するシステム/サービスの多様化などに備え、新ビルを建設して本部と開発・営業の各担当部門を一つのビルへ集約することで、地方公共団体システムの開発・サポート体制のさらなる強化を図ります。

新オフィスビルの概要(予定)

住所 栃木県宇都宮市鶴田町1740-6
階数 地上5階建
高さ 22メートル
敷地面積 3,073.57㎡(929.7坪)
延床面積 6,136.16㎡(1,856.18坪)
着工 平成22年3月
竣工 平成22年秋

完成図(パース画)

新ビル完成図(パース画)

当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社TKC 東京本社 経営管理本部 広報部
TEL:03-3266-9200 FAX:03-3266-9161
Eメール:pr@tkc.co.jp