ニュースリリース

中堅・大企業向けサービス強化へ、中国・九州営業部を新設

平成23年9月30日

 株式会社TKC(証券コード:9746/本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:髙田順三)は10月1日付の機構改革により、中国と九州地区において中堅・大企業向けの事業を推進する部署として、新たに中国・九州営業部を開設いたします。
  これは近年、中国地方および九州地区におけるお客さまが増加していることに伴い、中堅・大企業向け会計・税務システムの販売およびお客さまへのサービス強化を図ることを目的とするものです。

 これまで、当社ではSCGサービスセンター(56か所)、統合情報センター(9か所)、地方公共団体事業部の営業所(11か所)の各拠点を全国に設置し、会計事務所とその関与先である中小企業、および地方公共団体向けの事業活動を展開してきましたが、中堅・大企業向け事業においては東京・名古屋・大阪の3拠点で全国約1,400グループに上るお客さまをサポートしてきました。
 しかしながら、中堅・大企業においては長引く日本経済の低迷に加え東日本大震災の影響などにより「連結納税制度」の適用を検討する企業が急増しており、こうした動きは中国地方や九州地区においても顕著で、その対象は中堅・大企業から中小企業へと拡大しつつあります。また、裾野拡大という観点では「連結会計」も同様の傾向があり、事業の多角化やM&Aの推進、海外進出などに伴う子会社の増大などを背景に、今後、中堅企業や中小企業における連結会計のニーズが急速に進むと予想されています。
 こうしたお客さまの現状を踏まえ、当社では中国・九州営業部の開設により、地元密着型のサービス強化を図ります。

【中国・九州営業部】
〒810-0002
福岡県福岡市中央区西中洲12-33  大同生命福岡ビル9F
TEL:092-752-5650
FAX:092-716-4099

以上

当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社TKC 東京本社 経営管理本部 広報部
TEL:03-3266-9200 FAX:03-3266-9161