ニュースリリース

「TKC経営支援セミナー2013」を全国3000超で開催

平成25年9月10日 

 TKC全国会(会長:粟飯原一雄/事務局:東京都新宿区/1万名超の税理士・公認会計士)は、10月1日から来年1月31日まで、中小企業の経営者および経営幹部、金融機関行職員などを対象に「TKC経営支援セミナー2013」を開催します。

 本セミナーは、「中小企業経営力強化支援法」に基づく経営革新等支援機関に認定された全国3,000超のTKC会員の事務所がそれぞれの地域において開催するもので、自立した経営者の育成を図ることを目的として、中小企業経営力強化支援法が認定支援機関に求める「会計で会社を強くする」をコンセプトに、企業会計の活用を通じた財務経営力・資金調達力の向上を紹介します。

 中小企業がより強い会社となるためには、「会計」の重要性を理解し実際の経営に生かすことが必要で、それを「会社を強くする3つのステップ」(①信頼性の高い決算書、②実現可能性の高い経営計画、③決算説明能力)、として解説します。
 また、当セミナーに引き続き、知識サポートとして「経営者塾」の開催も行います。

 昨今、金融機関では、中小企業が資金調達力を高めるためには「財務経営力の向上が不可欠」との認識を持ち始めています。そこで、TKC全国会では、全国20のTKC地域会ともに“中小企業の経営支援者”として財務経営力・資金調達力の向上に取り組む中小企業経営者を支援するとともに地域経済の活性化に寄与してまいります。

 

【ご参考】
 昨年8月30日に施行された「中小企業経営力強化支援法」に基づく経営革新等支援機関の認定において、全国で5,817件(平成25年8月15日公表の第8号認定まで)のTKC会員が認定支援機関となりました。
 TKC会員事務所では税務と会計の専門家として、①中小企業の財務経営力・資金調達力の強化、②適時・正確な記帳に基づく信頼性の高い決算書の作成――などの観点から、地域金融機関をはじめとする他の認定支援機関とともに以下の専門性の高い支援を行っています。

(1)中小会計要領に則り、中小企業へ適時・正確な記帳に基づく「月次決算体制の構築」および「信頼性の高い決算書の作成」を支援すること

(2)経営者が月次の業績と事業計画・前期比較との比較分析を行い、改善課題を抽出し、課題解決に向けた取り組みを支援すること

(3)企業内外の経営環境の分析に基づき、その企業の実情に応じた事業計画書の策定を支援すること

「TKC経営支援セミナー2013」概要

主催:TKC会員会計事務所
後援:TKC全国会中小企業支援委員会、株式会社TKC

1.標準プログラム
(1)講演
 「会社を強くする3つのステップ」

  講師 認定支援機関 TKC会員会計事務所 所長

(2)ビデオ講座
 「いまこそ、自立した永続企業を目指そう」

(3)その他
 「改正消費税」の紹介 など

(*)プログラムは、会場により異なります。

2.開催期間
 平成25年10月1日(火)~平成26年1月31日(金)

3.開催日時/会場
 「TKC経営支援セミナー2013」サイトへ
  (*)要事前申込み/いずれの会場も定員になり次第締め切らせていただきます。

4.参加対象
 中小企業経営者および経営幹部、金融機関行職員など

5.申込方法/参加費
 「TKC経営支援セミナー2013」サイトへ

6.問い合わせ先
 セミナー主催者(TKC会員会計事務所)まで

【経営革新等支援機関認定制度の概要】
 近年、中小企業を巡る経営課題が多様化・複雑化する中、中小企業支援を行う支援事業の担い手の多様化・活性化を図るため、本年8月30日に「中小企業経営力強化支援法」が施行され、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う経営革新等支援機関を認定する制度が創設されました。
 認定制度は、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験を有する個人、法人、中小企業支援機関等を、国が経営革新等支援機関として認定することにより、経営分析や事業計画策定に係る中小企業による支援機関に対する相談プロセスの円滑化を図るものです。 

TKC全国会とは】
 TKC全国会は、税理士および公認会計士10,500名超(平成25年7月31日現在)が組織するわが国最大級の職業会計人集団です。
 昭和46(1971)年8月17日に結成され、今日まで40年以上にわたって「租税正義の実現」をはじめとする6つの事業目的を達成するために活動してまいりました。 

以上

当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社TKC 東京本社 経営管理本部 広報部
TEL:03-3266-9200