ニュースリリース

「IFRS」と「海外展開企業の経営管理」をテーマにTKC会計セミナーを開催

平成25年11月18日

 株式会社TKC(代表取締役社長:角 一幸/本社:栃木県宇都宮市)は今年12月、東京と大阪において、「IFRS」と「海外展開企業における経営管理体制の構築」をテーマとしたTKC会計セミナーを開催いたします。

 上場企業を中心とする中堅・大企業では、グループの成長戦略として海外展開へ意欲的に取り組み、事業拡大を進めるところが増えており、そうした企業では海外子会社を含めたグループ業績管理の強化が必至となっています。また、金融庁がIFRS(国際会計基準)の任意適用要件を緩和するための連結財務諸表規則等の一部改正案を公表したことで、今後、海外展開企業を中心に任意適用企業が拡大することが見込まれています。
 このように中堅・大企業の取り巻く経営環境が大きく変化するなかで、経理・財務部門の担当者もこれらの重要課題への対応が迫られています。

 そこで、有限責任監査法人トーマツを講師にお招きし、「IFRS」と「海外展開企業における経営管理体制の構築」を考えるセミナーを開催することにいたしました。

 加えて、当日は海外子会社の業務管理を支援する新製品「海外ビジネスモニター」(今年12月提供)の製品紹介も予定しています。

 参加費は無料。お申し込みは専用サイトから。

TKC会計セミナー

(*)時間は14:00~17:00/13:30受付開始
1.セミナープログラム
第1部「IFRSの最近動向、IFRSプロジェクトの事例紹介」
【講師】有限責任監査法人トーマツ

第2部「海外展開企業におけるグローバル経営管理のポイント」
【講師】有限責任監査法人トーマツ

第3部「海外子会社の業務管理を支援する海外ビジネスモニターのご紹介」
【講師】株式会社TKC

2.会場・開催日程、定員
大阪  12月11日(水)
ホテルモントレグラスミア大阪(定員100名)

東京  12月12日(木)
六本木アカデミーヒルズ49(定員250名)

3.参加対象
中堅・大企業の経理・財務部門の責任者の方/参加費無料

4.申込方法
参加申込みサイト
(*)要事前申し込み/いずれの会場も定員になり次第締め切らせていただきます。 

5.問い合わせ先
セミナー事務局 フリーダイヤル 0120-347-249

【ご参考】TKC全国会 中堅・大企業支援研究会について
 TKC全国会(会長:粟飯原一雄)は、税理士および公認会計士が組織するわが国最大級の職業会計人集団です。平成25年9月末現在で、全国1万名超が参加しています。
 また、TKC全国会 中堅・大企業支援研究会は、中堅・大企業にかかる会計および税務を研究し、これらの企業の適正・正確な会計処理と税務申告を積極的に支援することを目的として平成22年10月にTKC全国会の5番目の研究会として発足しました。
 当研究会には中堅・大企業の会計と税務の実務に精通したTKC全国会会員1,100名が参加し、全国でさまざまな活動を展開しています。

 

以上

当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社TKC 東京本社 経営管理本部 広報部
TEL:03-3266-9200