ニュースリリース

TKC、法曹会と提携。「最高裁判所判例解説Web」を8月より提供開始

2015年6月1日

 株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:角一幸)は、一般財団法人法曹会(事務所:東京都千代田区/会長:竹﨑博允/法曹会)と提携(2015年4月1日)、「最高裁判所判例解説Web」を8月1日より提供開始します。

 TKCでは、今回の提携を機に、法曹会からサービス提供許諾を受け、裁判年ごとに「調査官解説」として刊行される『最高裁判所判例解説・民事編』『最高裁判所判例解説・刑事編』に加えて、『法曹時報』へ掲載される最新判例を取り上げた『最高裁判所判例解説』を収録し、TKCローライブラリーのオプションシステムとして「最高裁判所判例解説Web」を、8月1日よりサービス提供を開始します。 TKCローライブラリーへの最高裁判所判例解説の搭載は、これまでに多くの利用者から要望が寄せられていたもので、学説や判例の詳細な分析、当該事案の事実関係を簡潔に知ることができ、最高裁判所(最高裁)における判断過程の一端を分かることから、法曹関係者にとり不可欠で重要なものといえます。

 最高裁判所判例解説とは、最高裁が判決を慣例により公式判例集に搭載した後、法曹会発刊の『法曹時報』へ掲載されるコンテンツで、判例の内容をより詳細に解説しているものです。具体的には、当該裁判の調査官が判示事項、裁判要旨を摘示し、司法判断の指針となる最高裁判決を解説しています。また一定期間を経て、裁判年ごとに『最高裁判所判例解説・民事編』『最高裁判所判例解説・刑事編』に合本され刊行されています。

 TKCでは、今回のサービス提供によりTKCローライブラリーに収録する「LEX/DBインターネット」、法律専門出版社15社が有する50のコンテンツと相互連携するなどコンテンツ・サービスの一層の強化を図り、利用者にとって必要な情報を即座に収集が可能となることで利用者の満足度向上を目指すとともに、利用者のニーズに応える利便性の高いコンテンツ・サービスを開発してまいります。

以上

当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社TKC 東京本社 経営管理本部 広報部
TEL:03-3266-9200