ニュースリリース

「改正社会福祉法」「マイナンバー」をテーマに全国5都市でTKC社福研セミナーを開催

平成27年6月24日

 TKC全国会社会福祉法人経営研究会(代表幹事:川井義久/事務局:東京都新宿区/TKC社福研)は、社会福祉法人を対象に7月、東京・大阪・福岡・水戸・岐阜で「改正社会福祉法とマイナンバー制度への対応セミナー」を開催いたします。

 平成29年4月より「改正社会福祉法」施行が予定されています。改正法では①公益性・非営利性の徹底、②国民に対する説明責任、③地域社会への貢献の視点から変革を迫られています。
 また、この10月からはマイナンバーの通知がスタートし、今後、福祉の分野においてもマイナンバーの利用機会が増えることから、制度の理解は不可欠です。
 本セミナーでは、法制度の新設、改正等を踏まえ社会福祉法人の経営環境変化への対応と、マイナンバー制度の概要を紹介します。
 参加対象は、社会福祉法人の理事長・施設長・事務長、社会福祉協議会、地方公共団体の福祉主管課長。参加費は無料。セミナーの参加申し込みはTKC社福研ホームページまで。

TKC社福研セミナー

主催:TKC全国会社会福祉法人経営研究会(TKC社福研)
共催:株式会社TKC

1.セミナープログラム(開催時間は13:30~16:00/受付開始は13:00)
 第1部  「改正社会福祉法への対応」
       ▶改正社会福祉法の概要
       ▶改正社会福祉法への対応
 第2部  「マイナンバー制度の概要と対応」
       ▶マイナンバー制度とは
       ▶マイナンバー制度への対応
 講師はいずれもTKC社福研会員税理士

2.会場・開催日程(定員は各会場とも50名)
 水戸  7月27日(月)  茨城県開発公社ビル 4-H
 東京  7月28日(火)  AP品川 Dルーム
 岐阜  7月15日(水)  グランパレスホテル すいせん
 大阪  7月16日(木)  大阪社会福祉指導センター 研修室1
 福岡  7月30日(木)  福岡朝日ビル 12号会議室

当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社TKC 東京本社 経営管理本部 広報部
TEL:03-3266-9200