会計事務所向けシステム

継続MASシステム

継続MASシステムは、経営者のビジョンに基づいた「中期経営計画」と、次年度の業績管理のための「単年度予算」、「短期経営計画」の策定を支援するシステムです。また、計画と実績の検証を継続的に実施し、間題点の発見・対策を検討する「業績検討会」や「戦略的決算対策検討会」の開催を支援し、企業の黒字決算の実現に貢献します。
法人用、個人事業者用、建設業用、医業会計データベース用のシステムがあります。

経営者との対話

毎月の巡回監査でチェックした財務系列データに基づき、関与先企業の経営者と対話しながら、現状を分析し、将来を予測し、さらに改善策を経営者と一緒になって考えることができます。

リアルタイムな業績管理の仕組み作り

事業年度の開始前に行う経営計画の策定から、月次の巡回監査、四半期ごとの業績検討会を通して、関与先企業の業績管理体制(PDCAサイクルを確実に実践し、目標を達成する仕組み)の定着を支援できます。

社長の将来のビジョンを明確化

「中期経営計画」では、まずは、過去3期のすう勢(傾向)の確認と同業他社との比較・分析から、関与先企業の強みと弱みを明確にします。その上で、今後の経営改善に向けた計画を策定します。

経営判断のモノサシづくり

経営判断を行う上では、その良否を判断する基準となるモノサシ「経営計画」が必要です。継続MASシステムで3~5年先を見据えた「中期経営計画」を策定し、「中期経営計画」で策定した目標損益に基づいて「単年度予算」を作成できます。そして、目標を達成するための具体的な行動計画をまとめます。

リアルタイムな業績管理を実現

作成した単年度予算は戦略財務情報システム(FXシリーズ)に登録することで、最新実績と比較した計画の達成状況をいつでも確認できます。これにより、全社および部門別の業績を迅速・正確に把握し、問題点を発見できるため、業績改善のための打ち手を早期に検討できます。

業績検討会の開催で実績との差異を検証

作成した単年度予算について、四半期ごとに業績検討会を開催し、毎月の月次決算に基づく実績との差異を検証します。その上で、それを改善するための具体的な業績改善対策を検討します。

まずは気軽に、短期経営計画からでも始められる

「中期経営計画」を作成しない場合でも、「経営者への5つの質問」に答えるだけで「短期経営計画」を単独で作成できます。もちろん、商品・得意先別の販売計画や設備投資・資金繰り等の詳細な経営計画を策定も行えます。

TKC全国会への入会に関するお問合せはこちら

TKC会員に聞くTKCの総合支援体制

巡回監査士及び巡回監査士補資格のご案内

無料情報サービスのご案内

ご登録いただくと、以下のTKC会員向けサービスを一部ご利用いただけます。
さらに、最新セミナー等の開催情報をご案内いたします。

TKC経営指標(BAST)
TKC税務Q&Aデータベース

ご登録はこちら

※登録内容の修正・確認はこちら

TKCシステムで決算書・申告書ができるまで~一気通貫の仕組みが信頼性を高める!~

金融機関への決算書の提供は、紙から電子へ。TKCモニタリング情報サービス