TASKクラウド福祉相談支援システム

相談情報の一元管理により
「業務の最適化」
「包括的な相談支援体制」の構築を支援
児童相談
のみも利用可

90秒でわかる 福祉相談支援システム

90秒でわかる 福祉相談支援システム
「住民福祉の充実」と「相談支援業務の効率化」をトータル支援

介護・障害・子育てなど制度ごとに管理されていた情報を一元的に管理・共有できるようにし、相談受付から支援経過管理、会議資料や報告書の作成までトータルで支援します。「生活支援記録法(F-SOAIP)」(*)に基づく記録作成(入力・保存・照会)により、業務の効率化と生産性向上を図りつつ、関係各課がスムーズに連携した相談対応を実現できます。

福祉相談支援システムの特長

窓口業務の効率化を図る「福祉ポータル機能」と、複雑な課題を有する住民への適切な対応を支援する「相談管理機能」で構成されています。

福祉相談支援システムの特長

福祉ポータル機能

制度を横断した検索

制度をまたがって、各種資格・サービスの受給状況を世帯単位で確認できます。

受給可能なサービスの検索

質問に回答するだけで、住民が受給可能なサービスを判定。対象サービスの申請書作成も可能です。

相談管理機能

相談支援内容の共有

各課の相談支援内容を共有することができます。また、情報の共有範囲は柔軟に設定できます。

要支援候補者の抽出

独り暮らしの高齢者など、支援を必要とする住民をかんたんに抽出できます。

「生活支援記録法」に準拠した記録作成機能

相談経過など記録作成業務の生産性向上を実現するため、市区町村向け業務システムでは初となる「生活支援記録法(F-SOAIP)」(*)に準拠した機能を搭載しています。

(*)生活支援記録法(F-SOAIP)とは
福祉・介護・保健医療分野の共通言語となることを目的に、嶌末憲子氏(埼玉県立大学准教授)と小嶋章吾氏(国際医療福祉大学教授)が開発した経過記録のための手法。
必要な情報を項目形式で記載するため、効率的かつ的確な経過記録ができるほか関係者間の情報共有も容易で、地域共生社会の実現に向けて各分野から注目されている。