真の「自治体DX推進」で行政も住民ももっと便利に 「新たな日常」の原動力として、いま地方公共団体には、制度や組織の在り方などをデジタルで変革していく「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」が求められています。目指すのは、誰一人取り残さない、人に優しいデジタル社会―TKCでは、フロントからバックオフィスまで行政手続きの一貫したデジタル化で真の「自治体DX推進」をご支援します。 真の「自治体DX推進」で行政も住民ももっと便利に 「新たな日常」の原動力として、いま地方公共団体には、制度や組織の在り方などをデジタルで変革していく「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」が求められています。目指すのは、誰一人取り残さない、人に優しいデジタル社会―TKCでは、フロントからバックオフィスまで行政手続きの一貫したデジタル化で真の「自治体DX推進」をご支援します。
「限定公開」のページは地方公共団体、または関連組織等の方に限り閲覧いただけます。また、事前にお申込みが必要です。

TKCが考える、真の「自治体DX推進」

TKCでは、〈自治体情報システム標準化・共通化への対応〉と〈行政デジタル化(行政手続きオンライン化や行政サービスのデジタル化)〉を一体で推進することをご提案し、住民と市区町村の双方にメリットのある〈真の自治体DX〉の実現を目指しています。
また、常に“一歩先行くサービス”を提供し続けられるよう、未来の行政サービスの姿を見据えた各種システムの研究・開発、機能強化にも取り組んでいます。

「自治体情報システムの標準化・共通化」への期限内の円滑な対応を支援

  • 「標準仕様」に完全準拠したシステムを提供し、最適な業務プロセスの実現を支援します。
  • 標準準拠システム・ガバメントクラウドへの移行を、最小限の職員負担で実現します。

「行政手続きのオンライン化(デジタル化)」により、行政サービス改革を支援

  • 行政手続きオンライン化、窓口業務改革を支援するシステムを提供します。
  • 住民向けサービスと基幹システムの一気通貫によるDXで業務改革を支援します。
将来構想
自治体DX推進本部に聞く
TKCが考える“真”の「自治体DX」推進
デジタル・ガバメントここがポイント!

「自治体情報システムの標準化・共通化」への対応

標準仕様書が公開されたものから、順次、システムの標準化対応を進めています。また、デジタル庁の「ガバメントクラウド先行事業」に基幹業務システムの開発事業者として協力し、その成果をもって全てのお客様の〈最適で安全な移行・運用〉を支援します。
標準化対応は単なるシステムや機器の“入れ替え”ではなく〈業務フローの見直し〉です。
そこで、お客様の円滑な対応を支援するため、総務省の手順書をもとに独自のドキュメントやツールを用意するとともに情報提供・共有などに取り組んでいます。

「標準仕様」に完全準拠したシステムを提供し、最適な業務プロセスの実現を支援

  • 標準仕様に完全準拠したシステムを提供(2024年度予定)します。
  • お客さまの業務への影響を分析し、最適な業務プロセスを追究したシステム開発に取り組みます。

標準準拠システム・ガバメントクラウドへの移行を、最小限の職員負担で実現

  • 現状調査、差異分析からデータ移行まで、移行にかかる全工程について支援し、職員負担を軽減します。
  • 先行事業での検証を通じて、ガバメントクラウドへの最適で安全な移行・運用手法を確立します。
TKCの対応スケジュール
「ガバメントクラウド先行事業」への取り組み
システム標準化対応推進部に聞く
自治体情報システムの標準化・共通化への対応

「行政手続きのオンライン化」への対応

3つの基本的な考え方に沿って、利用者(住民・事業者)を〈書かせない・待たせない・来させない〉行政サービスの実現を支援する「行政サービス・デジタル化支援ソリューション」を提供しています。
システム単体での利用はもちろん、組み合わせて活用することで、お客様の状況に合わせ“いま必要”な行政手続きのオンライン化や行政サービスのデジタル化が可能です。また、フロントからバックオフィスまで行政手続きの一貫したデジタル化により、〈住民サービスの向上〉〈業務改革〉の実現を支援します。

1.〈対面が不要な手続き〉はオンライン化し、徹底した使いやすさを追求する

2.〈対面が必要な手続き〉はデジタル技術を有効活用し、業務の効率化・標準化を支援する

3.基幹系システムと一体的な整備で、住民サービスと業務効率向上の最大化を図る

来させない・待たせない・書かせない
「行政デジタル化実践事例」記事/動画(動画は限定公開。視聴にはお申込みが必要です)
栃木県真岡市 様(視聴お申込みページへ)ダイジェスト版をご視聴いただけます。
大阪府大阪市 様(視聴お申込みページへ)ダイジェスト版をご視聴いただけます。
茨城県五霞町 様(視聴お申込みページへ)
埼玉県鶴ヶ島市 様(視聴お申込みページへ)
大阪府堺市 様(視聴お申込みページへ)
その他、多くの事例記事をご紹介中(お客様の声一覧へ)
開発者インタビュー
TASKクラウドスマート申請システム
TASKクラウドかんたん窓口システム
TASKクラウドマイナンバーカード交付予約・管理システム
関連ソリューション
TASKクラウド スマート申請システム
TASKクラウド かんたん窓口システム
TASKクラウド 証明書コンビニ交付システム
TASKクラウド マイナンバーカード交付予約・管理システム

財務会計事務の「DX推進」への対応

職員の生産性向上や働き方改革の実現に向けては、財務会計事務のDX推進も欠かせません。
地方公会計一体型の財務会計システム「TASKクラウド公会計システム」をはじめとする関連システムにより、実施計画から予算編成、決算、行政評価まで“一気通貫”で支援し「持続可能な行政経営」の実現に貢献しています。
管理会計の視点から正確な財政状況を“見える化”し、会計情報を事業評価や首長の意思決定などに活用できるのはもちろん、「電子決裁」「電子請求書」「デジタル予算書」(仮称)などにより財務会計のDX推進を支援します。

基本的な考え方

  • 「電子決裁」により、迅速な承認・決裁を支援します。
  • 「電子請求書サービス連携」により、データの入力作業を軽減するとともに入力ミスも防止します。
  • 「デジタル予算書(仮称)」により、住民・議会などへより分かりやすい行財政情報を開示できます。
電子請求書サービス連携のイメージ
関連ソリューション
財務会計関連サービス