2021年1月号Vol.121

【TKC サポートインフォメーション1】かんたん窓口システム書かせない・待たせない窓口
機能強化でもっと便利に

 書かせない・待たせない・来させない窓口サービスを実現する「TASKクラウドかんたん窓口システム」。このシステムは、住民票などの証明書交付申請を支援する〈証明書交付〉と、転入などのライフイベントに応じた行政手続きを案内する〈申請書作成支援・手続き案内〉の二つの機能で構成されています。
 2021年春以降、これらの機能を順次、強化します。

証明書交付機能 多言語対応

1 証明書交付機能

(1)多言語対応
 コンビニ交付サービスと同様に、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語に対応します。
 これにより日本語に不慣れな外国人の方でも、かんたんに証明書を取得できます。

2 申請書作成支援・手続き案内機能

(1)他社基幹系システムとのデータ連携が容易に
 かんたん窓口システムの申請データを、「CSV形式」で出力できるようにします。これにより、TKC以外の基幹系システムへのデータ連携が容易となります。
 なお、データ連携のレイアウトや手法はTKCシステム連携基盤を活用した汎用的な仕組みで構築するため、コストも最小限です。
(2)電子サインへの対応
 申請書への本人自署について、タブレットを用いた「電子サイン」に対応します。電子サインは申請書PDFに合成されるため、PDFを原本として保管すれば〝完全ペーパーレス〟を実現できます。

さらなる利便性向上へ

 申請書作成支援・手続き案内機能では、複数のお客さまの協力を得て〈転出証明書のOCR読み取り〉の実証実験を進めています。
 これは転出証明書を専用スキャナで読み込んで地紋除去を行い、OCR処理で記載された情報をデータ化するものです。これにより、転入時に発生する世帯員情報の入力作業を支援するとともに、入力ミスも減り、職員の業務負荷軽減が図れます。
 この機能は実証実験の成果を踏まえて、システムに搭載する予定です。
 かんたん窓口システムの役割は、窓口改革の支援にとどまりません。
 現在、大阪市の協力を得て開発を進める「スマート申請システム」と連携し、オンライン申請とデジタルデバイドの双方に対応する〈行政手続きの完全デジタル化〉も実現できます。かんたん窓口システムの進化にご期待ください。

※掲載の内容、および当社製品の機能、サービス内容などは、取材当時のものです。

※掲載団体様への直接のお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

  • お客様の声
  • TKCインターネットサービスセンター「TISC」のご紹介